マミさんのレッスン、エントリーはお早めに!!

来週の週末

東京、表参道「ペリーハウスギャラリー」〒150-0001 東京都渋谷区 神宮前4-23-6にて
「春の音色展」です。

2017.5.13(土)〜15(月)の3日間
open11時からclose18時30分(月曜日は17時まで)

13239038_1045203098893128_4432975760018979317_n.jpg

・単衣や夏物・ゆかた・キモノに帯
・着物まわりの色々
・新之助上布の綿麻、本麻・墨流し
・「うらら帯」「ふぁんじゅ」
・manamiのレース羽織紐
・ガラスの帯留「東風杏」
「kimito」の七宝焼の帯留
・ツバキ庵のレースとモリタマミのグループカラーコンサル

omote1705L.jpg ura1705L.jpg



音色メンバー、皆様のお越しを、首を長くしてお待ちしております!


「ツバキ庵」

★モリタマミのグループカラーコンサル

グループカラーコンサルでは4シーズンの色の分け方をご理解頂いた上、
どのシーズンにご自分が当てはまるのか というところまでご案内いたします。
複数名でのコンサルのメリットは、自分以外の方との色の似合い方の違いを体感出来ること。
それによって似合う色を把握する必要性を確実に感じて頂けるのです。
パーソナルカラーを使いこなすとこんな効果があるのですよ

*肌がトーンアップして見える

*ツヤ感・透明感が出る

*肌がなめらかに整って見える

*若々しく生き生きと見える

*シミやシワが目立ちにくく見える

*顔立ちを立体的に、スッキリと(またはソフトに)見せてくれる

すなわち
カラーコンサルよって皆さまにお伝えしたいこと
それは
似合う色(パーソナルカラー)を使いこなす ということはアンチエイジングの方法の一つでもあるということ。
これは知らない手はありません! よね?
キモノを着たらなぜだか年齢が上に見えてしまう…という方、いらっしゃいませんか?
上手に色を使いこなして自分らしいお洒落を楽しむ秘訣をお伝えいたしますね!
そしてもちろん似合いにくい色の場合の似合わせ方(自分へ寄せる方法)などについてもお話いたしますよー。



そして、好評につき追加のイベントが!

★あか抜けスタイリングレッスン

お手持ちの着物や帯をスッキリお洒落にブラッシュアップ出来る組み合わせをご提案
小物合わせを変えることで、いつものアイテムが見違えるスタイリングに変身します!
そして今回はイベント中での醍醐味!音色展会場内にある小物を使ってもご覧いただけます
これからの季節に御召しになりたいものを是非是非お持ち(御召しになってお越し)くださいねー(*´∀`*)



●5月14日(日)11:00~13:00 グループカラーコンサル
        13:00~14:00 あか抜けスタイリングレッスン 

●5月15日(月)11:00~13:00 グループカラーコンサル
        13:00~14:00 あか抜けスタイリングレッスン 


エントリー始まっております、満員御礼の部も出ております、皆様お早めに!

★お申し込みは、こちらへどうぞ★

お越しをお待ちしております

別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2017-05-05 Fri 19:13 ∧top | under∨

松永恵梨子さん

来週の週末

東京、表参道「ペリーハウスギャラリー」〒150-0001 東京都渋谷区 神宮前4-23-6にて
「春の音色展」です。

2017.5.13(土)〜15(月)の3日間
open11時からclose18時30分(月曜日は17時まで)


13239038_1045203098893128_4432975760018979317_n.jpg

・単衣や夏物・ゆかた・キモノに帯
・着物まわりの色々
・新之助上布の綿麻、本麻・墨流し
・「うらら帯」「ふぁんじゅ」
・manamiのレース羽織紐
・ガラスの帯留「東風杏」
「kimito」の七宝焼の帯留

omote1705L.jpg ura1705L.jpg




小紋作家「松永恵梨子」さんの作品も、少しご覧いただくことになりました。

江戸小紋の工房で修行なさって、充子さんの工房で製作の秘密を研究なさって今にいたります。まだこれから、新進気鋭の松永さんです。センスが輝いています、きっと素晴らしい作家さんになられます。

作品としての完成度は高いです、けれども作品はそれだけではなくて、匂いやアピールで一層輝きが増します。

皆さんに見ていただいて手応えを感じて、ものづくりの厚みが出てくるのやないかと思います。大阪でも応援するよって方々がいらしたことで、本人も手応えを感じていましたので、折角ならば東京でも少しご覧いただいて、皆さんとのご縁と、交流を頂いたら、きっとそれがエネルギーになると思いましたので、出展していただきます。

18320429_1856823514640929_4894278570365912047_o.jpg

18198571_1856823354640945_5621986045226391955_n.jpg

応援をどうぞよろしくお願いいたします。
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2017-05-04 Thu 19:49 ∧top | under∨

うらら帯、本人来場

来週の週末

東京、表参道「ペリーハウスギャラリー」〒150-0001 東京都渋谷区 神宮前4-23-6にて
「春の音色展」です。

2017.5.13(土)〜15(月)の3日間
open11時からclose18時30分(月曜日は17時まで)

13239038_1045203098893128_4432975760018979317_n.jpg

・単衣や夏物・ゆかた・キモノに帯
・着物まわりの色々
・新之助上布の綿麻、本麻・墨流し
・「うらら帯」「ふぁんじゅ」
・manamiのレース羽織紐
・ガラスの帯留「東風杏」
「kimito」の七宝焼の帯留

omote1705L.jpg ura1705L.jpg



wa-uraraのサイト

・wa-uraraのフェイスブックページ

17862401_1182441238550776_585807169215532382_n.jpg

結び方はこちらをご覧ください


結ぶ手間のかからない、形も作り帯の感じがしない、そしてリバーシブルと三拍子揃った使い勝手の良い帯です

それだけではないのも、wa-uraraの「うらら帯」の特徴です、北欧やアメリカのファブリック、アジアの織りをセンス良くチョイスして仕上げていますが、普通の帯では到底結びにくい素材でも、うらら帯にすることで使用が可能になります。個性的なテクスチュアで、ワンランク上のスタイリングを、着物好きな、布好きな、素材好きな皆様にオススメできる作品です。これはイタリア製のコットンジャガード生地やそうです、綺麗ですね。

wa-uraraさんはこの業界に長くおられますし、着物の事をよくご存知です。いろんな事を安心してお任せできる姐さんです。そんなおなじみwa-uraraさんの「うらら帯」の新作もご覧いただけます、今回は大阪から製作者本人が参ります、やっぱり作り手さんのお話を聞くと私がご説明するよりも、感じ方に深みが出ます。

別注も承ります。たのしいひとときをお過ごしいただけましたら幸いです。

そしてそんなセンスのよいwa-uraraさんが紹介してくださったのが

「manami」さん
レース編みの羽織紐を特別に作ってくださいました、去年も大好評でした。僕も大好きなので、今年もお願いをしました。今年は帯留も作ってくださいました、素敵です!!

18033029_1362159227197512_1827047180352117727_n.jpg uy6a90.jpg

17952665_1361987863881315_2559203243090173589_n.jpg 9ewncytks.jpg

いよいよ来週になりました!皆様のお越しをお待ちしております。
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2017-05-03 Wed 20:16 ∧top | under∨

夏祭浪花鑑

「夏祭浪花鑑」
爽やかな住吉鳥居前の段、高津さんの宵宮の頃の油照りの暑さと義理人情を描いた三婦内の段、そして義太夫屈指の殺し場である長町裏の段。大坂を舞台として、上方の濃厚な風情を醸し出す、世話物浄瑠璃の名作が七月の「夏休み文楽特別公演」で上演されます。いつも解説で大変お世話になっております、桐竹勘十郎さんが主役の「団七九郎兵衛」を遣われますし、これは是非ご覧頂きたいと思いましたので。

夏の文楽「夏祭浪花鑑」鑑賞会を開催いたします。

H2908bunraku arasuji_omote H2908bunraku arasuji_ura
第三部(18時30分開演〜20時45分終演のレイトショーです)を

平成29年7月22日(土曜日)

平成29年7月29日(土曜日)
の二回に分けまして
各日、10名様限定で、こじんまりとご覧ください。

配役はこちらhttp://www.ntj.jac.go.jp/assets/files/bunraku/pdf/2907haiyaku.pdf

大阪の庶民の夏を体温を、匂いを感じることが出来る名作です、当日は是非「ゆかた」でお越しいただきたいと思います。エントリーと詳細はまた改めまして、お知らせ申し上げますので、スケジュールの調整をお願い申し上げます。

大阪の誇る素敵な芸能「文楽」
見て、知って、楽しんで頂ければと思います。はじめての方でもイヤホンガイド、字幕があり楽しめます、お誘い合わせの上、どうぞお気軽においでください。




来週の週末

2017.5.13(土)〜15(月)の3日間


東京、表参道「ペリーハウスギャラリー」にて
「春の音色展」
です。

13239038_1045203098893128_4432975760018979317_n.jpg

・単衣や夏物・ゆかた・キモノに帯
・着物まわりの色々
・新之助上布の綿麻、本麻・墨流し
・「うらら帯」「ふぁんじゅ」
・manamiのレース羽織紐
・ガラスの帯留「東風杏」
「kimito」の七宝焼の帯留
・ツバキ庵のレースとモリタマミのグループカラーコンサル

omote1705L.jpg ura1705L.jpg



「み々弥」さんの、この子たちもご覧頂けますよ
18268439_1260977207333987_6624976116969686591_n.jpg

音色メンバー、皆様のお越しを、首を長くしてお待ちしております!
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2017-05-02 Tue 18:20 ∧top | under∨

表参道で音色展

早いもので五月もお朔日、粉浜商店街はゴールデンウイークも木曜日の定休日以外は全店通常営業しています。

こころやも皆様のお越しをお待ちしております。

18058195_1367143696699065_2214372315635309590_n.jpg 18056855_1367143700032398_7200875121253294408_n.jpg 18157266_1536508873050125_5619935479517254556_n-1.jpg

住吉っさん、こないだ桜が咲いたと思ったら、もう藤の花の盛り。末社、弁天さんのおはします浅澤社はl、美容と芸能の神様、古くから杜若の名所で、今ちょうど見頃を迎えています。

来週の週末は


2017.5.13(土)〜15(月)の3日間


東京、表参道「ペリーハウスギャラリー」でにて
「春の音色展」
です。

13239038_1045203098893128_4432975760018979317_n.jpg

・単衣や夏物・ゆかた・キモノに帯
・着物まわりの色々
・新之助上布の綿麻、本麻・墨流し
・「うらら帯」「ふぁんじゅ」
・manamiのレース羽織紐
・ガラスの帯留「東風杏」
「kimito」の七宝焼の帯留

omote1705L.jpg ura1705L.jpg



ツバキ庵さんの、この子たちもご覧頂けます
18119444_1446379268774767_2950018909711319524_n.jpg 18194834_1446379395441421_6045740715696197014_n.jpg

そしてモリタマミのグループカラーコンサル

日時:5月14日(日)15日(月)11:00~13:00

定員:各4名(定員になり次第お申し込み受付を締め切ります)

料金:12,960円(お振込みにて受け付けます)

以下はツバキ庵ブログより抜粋

グループカラーコンサルでは4シーズンの色の分け方をご理解頂いた上、
どのシーズンにご自分が当てはまるのか というところまでご案内いたします。
複数名でのコンサルのメリットは、自分以外の方との色の似合い方の違いを体感出来ること。
それによって似合う色を把握する必要性を確実に感じて頂けるのです。
パーソナルカラーを使いこなすとこんな効果があるのですよ

*肌がトーンアップして見える

*ツヤ感・透明感が出る

*肌がなめらかに整って見える

*若々しく生き生きと見える

*シミやシワが目立ちにくく見える

*顔立ちを立体的に、スッキリと(またはソフトに)見せてくれる

すなわち
カラーコンサルよって皆さまにお伝えしたいこと
それは
似合う色(パーソナルカラー)を使いこなす ということはアンチエイジングの方法の一つでもあるということ。
これは知らない手はありません! よね?
キモノを着たらなぜだか年齢が上に見えてしまう…という方、いらっしゃいませんか?
上手に色を使いこなして自分らしいお洒落を楽しむ秘訣をお伝えいたしますね!
そしてもちろん似合いにくい色の場合の似合わせ方(自分へ寄せる方法)などについてもお話いたしますよー。


全国を飛び回っているマミさんです、エントリー開始まで、もう暫くお待ちくださいませ。

音色メンバー、皆様のお越しを、首を長くしてお待ちしております!
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2017-05-01 Mon 20:32 ∧top | under∨

柳家小春さんと舟遊び

大阪音色展、皆様方のお陰を持ちまして、賑々しく打ち上げられました事を、感謝申し上げ、心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

今回は少し「応用編」とでもいいましょうか、濃厚で個性的な作家さんとのコラボをいたしました。コーディネートや魅せ方を工夫し、仕立てや柄合わせに念をいれ、個性あふれる作品を、塩梅よく調理し、一味もふた味も違う、けれども品よく、さりげなく、粋な、そんな提案を心がけました。お気に召していただきましたでしょうか。
呉服屋として誇りを持ち、一生精進してまいりますので、これからも末永くお付き合いくださいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

22日の土曜日は夜、私が良く通っております、ミナミは法善寺横丁の「久佐久」で作家の皆さんを囲んで懇親会をいたしました。20名さま、二階の座敷を貸し切って、美味しいお料理で楽しいひとときでした、どなたさまでもお越し頂けますので、どうぞお気軽にいらしてくださいませ。

そして23日の日曜日は、江戸から柳家小春さんをお招きして、御舟かもめをかりまして、粋曲を聞きながら、大川や道頓堀を行ったり来たりの舟遊びをいたしました。

楽しく美しい着物の提案はもちろん、着物を来て出かけて頂きたい思いから、文楽ツアーや落語会、舟遊びや宴会を、これからも趣向をこらして開催いたします。弊店でお求めやない方でも、どうぞお気軽にお越しいただけましたら幸いです。



さて、いよいよ東京へお伺いします、お江戸の皆様、どうぞ宜しくお願い致します。


2017.5.13(土)〜15(月)の3日間


東京、表参道「ペリーハウスギャラリー」でにて
「春の音色展」
を開催いたします

13239038_1045203098893128_4432975760018979317_n.jpg

・単衣や夏物・ゆかた・キモノに帯
・着物まわりの色々
・新之助上布の綿麻、本麻・墨流し
・「うらら帯」「ふぁんじゅ」
・manamiのレース羽織紐
・ガラスの帯留「東風杏」
「kimito」の七宝焼の帯留
「ツバキ庵」モリタマミのグループカラーコンサルとコーディネート(14日・15日)

omote1705L.jpg ura1705L.jpg


別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2017-04-25 Tue 18:58 ∧top | under∨

音色展三日目

おかげさまで賑々しく初日を打ち上げ、昨日もたくさんお越しくださいまして、心より感謝申し上げます。
春うららかな日曜日、本日もお越しを心よりお待ちしております。

18011160_1362159067197528_736298701630228138_n.jpg
新之助上布と博多の献上帯

18010797_1526574524043560_9107637672213894099_n.jpg 18057924_1526574537376892_8957126556861474068_n.jpg 18033401_1362159110530857_5117990966460539554_n.jpg

18010797_1362159120530856_5291767829383926663_n.jpg
うらら帯

17952002_1362167340530034_7684796161426621954_n.jpg
夏の帯揚

17990906_1362167333863368_3401825892298458383_n.jpg 18033457_1362159237197511_4504473403115368272_n.jpg 18034139_1362159070530861_9017076492389523147_n.jpg
小倉充子

18033029_1362159227197512_1827047180352117727_n.jpg
manami、レース羽織紐と帯留

18034046_1362167293863372_5380972401795287969_n.jpg 17992040_1362167330530035_3096118932201546931_n.jpg 18010474_1362159153864186_4709700980733363743_n.jpg
ウエダテルオ

18034361_1362159130530855_3665848485765679116_n.jpg
松永恵梨子
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2017-04-23 Sun 10:05 ∧top | under∨

音色展整いました

17800387_1361987940547974_5546388851131269597_n.jpg 

18033028_1361988000547968_5491021716223944034_n.jpg 18034193_1361987870547981_6192206000080570713_n.jpg 18033142_1361987950547973_8642523084544677247_n.jpg

18033183_1361987943881307_6654136871612989016_n.jpg

18011134_1361987873881314_3572070530300965576_n.jpg

17990903_1361987930547975_6250404070638554612_n.jpg

17952665_1361987863881315_2559203243090173589_n.jpg 17951670_1361987850547983_5656973749540278572_n.jpg

2017.4.21(金)〜24(月)の4日間
天満橋、マルゼンボタン2階ギャラリーでの
「春の音色展」
open11時からclose18時
(月曜日は17時まで)

201704omoteL.jpg 201704uraL.jpg

・単衣や夏物・ゆかた・キモノに帯
・着物まわりの色々
・新之助上布の綿麻、本麻・墨流し
・「うらら帯」「ふぁんじゅ」
・manamiのレース羽織紐
今年のゲスト(本人来場)は
・江戸型染作家、小倉充子
・小紋作家、松永恵梨子
ファクトーザジ、ウエダテルオ



皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2017-04-20 Thu 22:51 ∧top | under∨

夏きもの

「着物は暑い」と言われますが、薄物を纏えば、肌に直射日光は当たりませんし、ひんやりと風が抜けていく心地で、私は半袖半ズボンよりも好きです。と、言うよりも大阪の夏は何を着たって暑いですから「涼やかさ」という意味では、着物姿というものは、ごく「涼しげ」に見えるように思います。

薄物のご紹介です。

17903963_1359289010817867_179852301685741682_n.jpg 17951809_1359289080817860_6187282513280206075_n.jpg 18010464_1359288997484535_4663283463425375935_n.jpg
「紋紗」と言われるものです、織り柄のある透けた生地で、夏着物としてお使いいたけますが「紗羽織」や「ちりよけ」にもお使いいただけます、そうすると四月から十月まで羽織れますので、なかなか重宝で気の利いたものです。

18034080_1359289000817868_200289574980590000_n.jpg
ひんやりと「夏の大島」適度な透け感で単衣時分にも

18010885_1359288944151207_3884983623842711362_n.jpg
結城の技術でサラリと織り上げた「夏結城」軽さ、柔らかさ、質感をお楽しみください。

梱包が完了しました、たっぷり楽しんでいただけると思います。
18033090_1360351834044918_5206358865342040409_n.jpg
運搬と保管に使う、この段ボールは頑丈なんです。津々浦々を出稼ぎに、修繕しながら幾星霜。明朝、赤帽さんの軽トラで天満橋まで運び、設営を致します。

2017.4.21(金)〜24(月)の4日間
天満橋、マルゼンボタン2階ギャラリーでの
「春の音色展」
open11時からclose18時
(月曜日は17時まで)

201704omoteL.jpg 201704uraL.jpg

・単衣や夏物・ゆかた・キモノに帯
・着物まわりの色々
・新之助上布の綿麻、本麻・墨流し
・「うらら帯」「ふぁんじゅ」
・manamiのレース羽織紐
今年のゲスト(本人来場)は
・江戸型染作家、小倉充子
・小紋作家、松永恵梨子
ファクトーザジ、ウエダテルオ



皆様のお越しを、心よりお待ちしております。
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2017-04-19 Wed 20:33 ∧top | under∨

ゆかたそろいました

注染ゆかたは、これからがが旬です

彫り終わった型紙を型枠に固定し
整理が済んだ晒布を棒に巻きつけ
糊を90センチ毎に折り返しながら1疋23メートル(てぬぐい25枚分)を
2疋3疋とムラのないよう、ズレのないように糊置きをしてゆきます
常に同じ力とバランスで糊を引くこと
細かい柄を出すために、堅めに練った糊を使うので見た目は簡単そうでも存外重く
熟練の技と根気と集中力のいる作業であります
10689869_708080612605380_8026563503380112907_n.jpg

糊伏せの次は染めです
工場によって秘伝の調合や染料の使い方があります
職人さんの勘と経験、センスが問われる場面です
じょうろのような缶で染料を注ぎ、下からバキュームで染料を吸うてゆきます
染料を注いで染めるところから「そそぎ染め」
一度染めたものを、裏返してもう一度染めます
生地の両面が染まり、深みのある発色と柔らかな風合いになります
明治時代に大阪の職人さんが発明し、東京で発展
日本独自の染め方なんですよ
10660358_708080625938712_116825517054770689_n.jpg

余分な染料を落とします
工場によって、井戸水、川の水など色々です
こちらの工場は、上流の伏流水を使っておられます、清冽なお水です
1462991_708080635938711_3881694457697075962_n.jpg

洗って脱水が終われば、干します
水を含んだ布は重いものです
10689628_708080655938709_6543640501076559871_n.jpg

布が地面につかない高さ、1疋23メートルを折り返しますから、約12メートルの高さから干します
直径15㎝弱の丸太をスノコにした天井まで、重い生地を担ぎ梯子でのぼり
上から布を干します
見てるだけでひやりとする様な高さですが、ヒョイヒョイと干して行きはります
10696453_708080672605374_7556922206585792027_n.jpg

乾いた布は、てぬぐいにする場合は、のして裁断
ゆかたにする場合は1疋を半分ずつ1反(12m)にして整理します

夏物が続々と仕立上がって来ております、注染ゆかたも上がってきております
注染の味わいは、他に変えがたい美しいものですが、技法由来の、柄合わせの難しさがあるのです
そこを何ともないように調製するのは、中々骨が折れ、検品の時も緊張しますが、嬉しさもまた一入です。素敵に上がりました
17991950_1523245481043131_5763968075989058956_n.jpg

17904057_1523245484376464_1835931034231457916_n.jpg

18033910_1523245491043130_7581434122011751006_n.jpg

18010027_1523245487709797_8329077869142561440_n-1.jpg
お稽古用に昔ながらの生地でシンプルな柄のもの、夏らしくユカタならではの涼しげなもの、夏着物のように着こなせる変わり生地を使った凝ったもの。注染とひとくくりに言いましても、様々なバリエーションがあります。厳選して50反ほどございます。

17951661_1523245521043127_8648386204495530947_n.jpg
柔らかな、絞りゆかたも素敵ですよ。

2017.4.21(金)〜24(月)の4日間
天満橋、マルゼンボタン2階ギャラリーでの
「春の音色展」
open11時からclose18時
(月曜日は17時まで)

201704omoteL.jpg 201704uraL.jpg

・単衣や夏物・ゆかた・キモノに帯
・着物まわりの色々
・新之助上布の綿麻、本麻・墨流し
・「うらら帯」「ふぁんじゅ」
・manamiのレース羽織紐
今年のゲスト(本人来場)は
・江戸型染作家、小倉充子
・小紋作家、松永恵梨子
ファクトーザジ、ウエダテルオ



お越しをお待ちしております。
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2017-04-18 Tue 20:04 ∧top | under∨
BACK | ・・・こころや日記・・・ | NEXT