「ゑびす足袋」の白記さんのお見立て会

来週末の弊店こころやの「赤札市」

期間中の10日の土曜日には「ゑびす足袋」の白記さんが来店、お見立て会をして下さいます。

おしゃれは足元から、使い古された言葉ですが実際とても大事です。着物は特に足袋が露わですから、ピタッと合った足袋の美しさは、変な例えですが新幹線の先頭の顔のようなものでしょうか。

先日の上京時から読み始めた(ワンカップはお気になさらず)山崎豊子の「ぼんち」戦前の船場の足袋問屋のお話で、着物の事、足袋の事、それにまつわる風俗がたくさん出てきます。お見立て会が来週に迫って、より一層リアルな気持ちで読んでいます。

小説の舞台は大正と戦前の頃「ああ、こんなんやったんや」と興味深くてなりません。当時もちろんウチもゑびす足袋さんも営業しています、古きを守り新しい事を取り入れながらの、白記さんも私も五代目、二人で皆様のお越しをお待ちしております。

27749945_1650985291648236_9155011612031203270_n.jpg




1802omote.jpg

粉浜商店街の「こころや」店内にて

2018年2月9日(金)〜14(水)

お得でお値打ちな品を様々揃えた大売り出し
「赤札市」を致します。
着物・帯・小物 20%〜50%OFF

また、本年より「ゑびす足袋」を取り扱うにあたり、
10日の土曜日は代表の白記さんにお越しいただいて、お見立て会を致します。
粉浜のこころや店内にて

どうぞお気軽にお立ち寄り下さいませ。
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2018-02-02 Fri 17:28 ∧top | under∨
<<着物のお手入れはいかがですか?赤札市2018 | ・・・こころや日記・・・ | 「赤札市」伊勢木綿もお買い得>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |