「ふぁんじゅ」おいてます

おなじみ和裁と着付けの「着物さくさく」さん

スパルタやけど超一流な仕立ての学校でみっちり勉強し、しっかり修業を積み、お針の腕は天下一品。和裁の今の事はもちろん、古い事もよぅ知ってはりますから、ウチに伝わる云い伝えの、ちょっと曖昧でわからへん事でも、尋ねれば経験を踏まえ、ちゃんと答えて教えてくれはりまして、同世代として心強いんです

そんな「着物さくさく」の須賀さんが
Tシャツ型の半襦袢をこしらえてはりまして、ウチでもお披露目をさせてもらって早や三年
今や天下の某百貨店さんやら東京のイベントやらに引っ張りだこの定番アイテムになりました

「ふぁんじゅ」

以下は「さくさくぷらす」さんのブログの転載(許可済)です、たっぷりとご覧ください

忙しい現代でもアクティブに生きる素敵な女性に贈る新しい襦袢が出来ました

●「ふぁんじゅ」の名前は・・・
 ”foundation(=基礎、土台)&
 “fun(=楽しい)”&
 “襦袢” を掛け合わせて名付けました

14sak-01.jpg

半襟付け・紐・伊達締め不要。「簡単・キレイ・動きやすい 」次世代型襦袢シャツです

_110451.jpg

●Basic×Basicシリーズ M/L/LL  白 価格6800円(7344円税込)
●シルケットバイオ加工を施した質の良いcotton100%の生地
 表面はつるっと滑らかで、ほのかな光沢感があり、お顔周りを上品に見せてくれます
●5分丈で季節を問わず着まわしOK!

_11262.jpg
誰でも程よく美しい衣紋で、あっという間に着物下が整います

_10892.jpg
衿芯を取って衿を折り返せばお洋服としても

skig-01.jpg
●差し込みやすい衿芯/2本セット/360円(388円税込み)も作りました
もちろんこの衿芯は「ふぁんじゅ」以外の長襦袢にも使えます
2枚セットになっていて、1枚差し、2枚重ね差し、と、お好みの衿の硬さに調整します
※4.5~4.6cm巾の衿芯なら、お手持ちの衿芯でも「ふぁんじゅ」に使えますよ



そんな「ふぁんじゅ」をこころやは、勝手に強化月間中です
店頭に見本を飾っていましたら「こんなの探してたのよ」って方がいらして、とても嬉しかったです

23231179_1734905773210433_122255641347980195_n.jpg

サクサクプラスの会心の作品です、須賀さんの愛が溢れてて、まだ進化もしてて僕は好きです。生地よしフォルムよし使い勝手よしでお値段もリーズナブル。見本も置いてありますからどうぞお気軽にご試着下さい。触れて当てて見える部分もあります、襟元や繰り越し(衣紋を抜く加減)は、着こなしと着姿の大切な部分ですから
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2017-11-12 Sun 18:49 ∧top | under∨
<<藤岡さんの別誂え組紐 | ・・・こころや日記・・・ | 七五三の身揚げについて>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |