こころや吉例「初春文楽鑑賞会」のお知らせ

初春文楽鑑賞会のお誘いです。

H3001bunraku_arasujiomote1.jpg H3001bunraku_arasujiura.jpg

初春文楽公演の昼の部(第1部・午前11時開演)の観劇を
平成30年1月13日(土曜日)に開催致します 

演目は
花競四季寿(はなくらべしきのことぶき)
 万才・鷺娘

平家女護島(へいけにょごのしま)
 鬼界が島の段

八代目竹本綱太夫 五十回忌追善
豊竹咲甫太夫改め 六代目竹本織太夫 襲名披露
口上



追善/襲名披露 狂言

摂州合邦辻(せっしゅうがっぽうがつじ)
 合邦住家の段


福を呼ぶお正月の初芝居に、襲名披露のおめでたさ、劇場はいつにも増して華やかに。
2012011000490002.jpg

2012011000480001.jpg
にらみ鯛に

2012011000490001.jpg
大きな大きなお鏡さん

2012011000490000.jpg
床には注連飾り

2012011000500001.jpg
門松

終演後、桐竹勘十郎師による「文楽人形の解説」もございます
文楽がより一層身近に感じられる事と思います、面白さが倍増いたしますよ

大阪の誇る素敵な芸能「文楽」
見て、知って、楽しんで頂ければと思います。はじめての方でもイヤホンガイド、字幕があり楽しめます、お誘い合わせの上、どうぞお気軽においでください

※今年は新年会は別日程を考えておりますので、集中して文楽をお楽しみください



 「こころや初春文楽鑑賞会」 

開催日:2018年1月13日(土曜日)

集合:国立文楽劇場1階ロビーに10時30分(入り口正面にこころやコーナーがございます)



行程:11:00初春文楽公演観劇(昼食、軽食は各自ご用意下さいね、途中幕間30分の休憩がございます)
    
    料金は一等席6000円(開演前に頂きます、個別にメールにてご案内申し上げます)

    終演後、桐竹勘十郎師による文楽の解説(終了時刻16時頃)
    
    ※今年は新年会は別日程を考えておりますので、集中して文楽をお楽しみください

定員に達し次第締め切りとさせて頂きます
どうぞお早めにお申込を

お申し込は、明日11月5日の17時より開始いたします。
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2017-11-04 Sat 16:00 ∧top | under∨
<<こころや吉例「初春文楽鑑賞会」エントリーを開始いたします。 | ・・・こころや日記・・・ | こころや忘年会2017>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |