FC2ブログ

付け下げについて

余談ですが、ココロヤが個人商店から法人になりましたのは昭和26年です。
昭和26年は、昭和17年から戦時中を通しての「衣料切符制度」いわゆる「配給」が終わった年なんです。戦争中は呉服屋ができる訳もなく曽祖父や祖父は「市(いち)」を開いてしのいでいたそうです。着物が売れないって辛かったでしょうね、その年にようやく晴れて商売ができるということで、新たなスタートとして法人化したそうです。

「付け下げ」は、そんな時代の中で生まれました。東京の花街の姐さん方が「訪問着」では時節柄贅沢なので略式をということで誂えたと聞きます。
「小紋」は縞や格子、飛び柄など、柄に天地のないものが一般的ですが、例えば「山」という字を前見頃で上を向かせると、袖山肩山で折り返せば、小紋の要領では背中で「山」の字は逆さまになってしまいます。そこで柄が逆さまにならないように、袖山肩山を境に「柄付けを下げる」ことが「付け下げ」の語源になったとか。

小紋以上訪問着未満が、付け下げの基本スタンスで、小紋調子のものから訪問着と見紛うようなものもあり、幅広さが便利でもあり厄介でもあります。

話は逸れますが、京大阪では着物の着こなしと好みが違います。大阪は東京嫌いのようでいて東京の着こなしを取り入れます、京は京らしさを守られます。大阪は、着こなしが簡略化の傾向がありますが、京は伝統を守ります。隣町と言っていいほどの京大阪でも好みが違います、着物を取り巻く感性というのは伝統や、それぞれの土地のお国柄を色濃く受け継ぐものです。

そんな中「付け下げ」は用途があいまいですから、保守的な方面では「略式、格下、訪問着があれば不必要」という扱いになり、カジュアル化が進む都心部では「ご大層ではなく、着用機会も多いし便利」と評価が変わるのは面白いものです。

やはりココロヤも「付け下げ便利」派です。

ちょっとヨソユキからフォーマルまでの選択の幅の広さ、訪問着より気持ち軽い分、出番が多いお値打ち感など、程のよい優れものですから、ぜひ提案をしたいと思います。

今回「秋の音色展」でお披露目できるように「付け下げ」を染めてもらっています。

21557778_1684711438229867_1088462844823439796_n.jpg

ご覧くださいましたら光栄です。

こころや「秋の音色展」2017

1710omote.jpg

藤岡組紐店さんが参加してくださいます!



2017年10月13日(金)より16日(月)の4日間
営業は11時~18時まで、最終日は17時

天満橋:マルゼンボタン2階ギャラリーにて


こころや「秋の音色展」2017〜参加:藤岡組紐店〜
・伊勢木綿新作お披露目
・wa-uraraの「うらら帯」
・召ませ花の新作
・タイシルクの帯
・秋冬の新作呉服と帯、着物まわりの色々
・「さくさくぷらす」Tシャツ型襦袢「ふぁんじゅ」とワークショップ



藤岡組紐店、藤岡潤全さんが全日来場です。
「さくさくプラス」の須賀さん、そして藤岡さんのお話を聞く会も開催予定です。
いつもと違う切り口で、新たな発見がきっとあるはずです、一同、美しい着物の世界へいざないます。

敷居を削って、いいえ、もとより呉服屋に敷居はありません、呉服屋は怖くないんです(悪徳ならば下町で130年も商売できません)ふらりと話だけでも聞きに、どんなものかだけでもご覧下さればと思います。


別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2017-09-20 Wed 17:57 ∧top | under∨
<<秋の夜長に飲み会を。 | こころや日記 | 染めの帯>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こころや日記 |