ゆかたそろいました

注染ゆかたは、これからがが旬です

彫り終わった型紙を型枠に固定し
整理が済んだ晒布を棒に巻きつけ
糊を90センチ毎に折り返しながら1疋23メートル(てぬぐい25枚分)を
2疋3疋とムラのないよう、ズレのないように糊置きをしてゆきます
常に同じ力とバランスで糊を引くこと
細かい柄を出すために、堅めに練った糊を使うので見た目は簡単そうでも存外重く
熟練の技と根気と集中力のいる作業であります
10689869_708080612605380_8026563503380112907_n.jpg

糊伏せの次は染めです
工場によって秘伝の調合や染料の使い方があります
職人さんの勘と経験、センスが問われる場面です
じょうろのような缶で染料を注ぎ、下からバキュームで染料を吸うてゆきます
染料を注いで染めるところから「そそぎ染め」
一度染めたものを、裏返してもう一度染めます
生地の両面が染まり、深みのある発色と柔らかな風合いになります
明治時代に大阪の職人さんが発明し、東京で発展
日本独自の染め方なんですよ
10660358_708080625938712_116825517054770689_n.jpg

余分な染料を落とします
工場によって、井戸水、川の水など色々です
こちらの工場は、上流の伏流水を使っておられます、清冽なお水です
1462991_708080635938711_3881694457697075962_n.jpg

洗って脱水が終われば、干します
水を含んだ布は重いものです
10689628_708080655938709_6543640501076559871_n.jpg

布が地面につかない高さ、1疋23メートルを折り返しますから、約12メートルの高さから干します
直径15㎝弱の丸太をスノコにした天井まで、重い生地を担ぎ梯子でのぼり
上から布を干します
見てるだけでひやりとする様な高さですが、ヒョイヒョイと干して行きはります
10696453_708080672605374_7556922206585792027_n.jpg

乾いた布は、てぬぐいにする場合は、のして裁断
ゆかたにする場合は1疋を半分ずつ1反(12m)にして整理します

夏物が続々と仕立上がって来ております、注染ゆかたも上がってきております
注染の味わいは、他に変えがたい美しいものですが、技法由来の、柄合わせの難しさがあるのです
そこを何ともないように調製するのは、中々骨が折れ、検品の時も緊張しますが、嬉しさもまた一入です。素敵に上がりました
17991950_1523245481043131_5763968075989058956_n.jpg

17904057_1523245484376464_1835931034231457916_n.jpg

18033910_1523245491043130_7581434122011751006_n.jpg

18010027_1523245487709797_8329077869142561440_n-1.jpg
お稽古用に昔ながらの生地でシンプルな柄のもの、夏らしくユカタならではの涼しげなもの、夏着物のように着こなせる変わり生地を使った凝ったもの。注染とひとくくりに言いましても、様々なバリエーションがあります。厳選して50反ほどございます。

17951661_1523245521043127_8648386204495530947_n.jpg
柔らかな、絞りゆかたも素敵ですよ。

2017.4.21(金)〜24(月)の4日間
天満橋、マルゼンボタン2階ギャラリーでの
「春の音色展」
open11時からclose18時
(月曜日は17時まで)

201704omoteL.jpg 201704uraL.jpg

・単衣や夏物・ゆかた・キモノに帯
・着物まわりの色々
・新之助上布の綿麻、本麻・墨流し
・「うらら帯」「ふぁんじゅ」
・manamiのレース羽織紐
今年のゲスト(本人来場)は
・江戸型染作家、小倉充子
・小紋作家、松永恵梨子
ファクトーザジ、ウエダテルオ



お越しをお待ちしております。
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2017-04-18 Tue 20:04 ∧top | under∨
<<夏きもの | ・・・こころや日記・・・ | 春の音色展「新之助上布の墨流し」>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |