春の音色展「新之助上布の墨流し」

春の音色展では「新之助上布」の綿麻の白生地の「墨流し」もご覧いただけます。

17264157_1319072531506182_1942228296447575984_n.jpg

そして、夏帯もたくさん揃いましたので、持って行きます。
「着物一着に帯三本」呉服屋のセールストークのようですが、帯周りに三種のコーデを用意すれば、着回しが効き素敵ですよ』という意味です、帯周りのコーデでぐっと雰囲気が変わります。夏帯の着用期間は、超フォーマルでなければゴールデンウイーク明けから、九月のはじめころまで。夏の帯は案外着用期間が長いのです。
18034343_1359288937484541_5062414453931345911_n.jpg 18010807_1359288940817874_2446019053850353021_n.jpg



「八寸帯」

普段着や洒落着にもってこいの、八寸巾に織られたキリリとした帯地たち
帯芯を入れずに「かがり」仕立に致します(かがり仕立:税別2000円)

「博多織」が有名ですね

こちらは通年お召し頂けるものです。献上柄といわれるものから、抽象的な文様のものまで
17352004_1325273007552801_403627985855736764_n.jpg

透けたものは大阪では五月くらいから九月の最初あたりまででしょうか
17342627_1325290397551062_42181939920247880_n.jpg 18033940_1359288934151208_2194424311925563942_n.jpg

艶があり清涼感があふれるので、合わせやすいのが特徴です。

西陣の老舗の帯屋さんの、絽の八寸帯です、大人キレイなコーデに、きっと素敵でしょう
17309366_1325272940886141_184315699614277832_n.jpg 
縞や格子、いわゆる縦横の線の着物には、唐草や流水など「曲線」を合わせるのも、お互いを引き立て合って美しいものです。

18010895_1359288874151214_2035028697602924216_n.jpg 17991846_1359288870817881_5651628637335469150_n.jpg
素材感あふれる、麻や紙の帯。

「九寸帯」
いわゆる名古屋帯と言われているものです。カジュアルからちょっとヨソユキまで、染も織もありますし、色柄が豊富で着用の幅が広いのが身上です(名古屋仕立は税別8000円、夏芯仕立は税別10000円)

ポップな色目に合わせて楽しく、シックな色目と合わせて大人可愛く。
昔から「帯は妹のを締めよ」といいます。着物がシックでも、明るい帯を合わせれば、スッと華やぎます。
17155167_1325272930886142_331978849666146414_n.jpg

17264180_1325272997552802_6742601781697844145_n.jpg
伝統的な板締めの九寸、そして織の九寸。上質な染と織には、味わいと奥行きがあります、本麻の素材感を凛々しく引き立てます。

18033091_1359288864151215_9158905771952398276_n.jpg
珍しい、博多の九寸。

17202686_1325272914219477_517120395510428080_n.jpg
艶があってしなやかな西陣の夏の九寸を締めれば、透明感を演出できます。

すぐお使い頂ける
17342595_1325272990886136_7336319031532554756_n.jpg
両面柄が可愛い「半幅帯」
仕立て上がりの「名古屋帯」も

そして今年は
「タイのパクトンチャイのシルクの帯」
17103535_1312910705455698_3987279545705706368_n.jpg 17103542_1312918288788273_3159552253870418629_n.jpg

「インドネシアのイカットの帯」
17309482_1325274727552629_7466519745196830044_n.jpg

も持ってまいります。
是非、個性的で美しいコーディネートの提案をさせてもらえればと思います。
皆様のお越しをお待ちしております。

2017.4.21(金)〜24(月)の4日間
天満橋、マルゼンボタン2階ギャラリーでの
「春の音色展」
open11時からclose18時
(月曜日は17時まで)

201704omoteL.jpg 201704uraL.jpg

・単衣や夏物・ゆかた・キモノに帯
・着物まわりの色々
・新之助上布の綿麻、本麻・墨流し
・「うらら帯」「ふぁんじゅ」
・manamiのレース羽織紐
今年のゲスト(本人来場)は
・江戸型染作家、小倉充子
・小紋作家、松永恵梨子
ファクトーザジ、ウエダテルオ


別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2017-04-17 Mon 15:16 ∧top | under∨
<<ゆかたそろいました | ・・・こころや日記・・・ | wa-uraraさんと、manamiさん>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |