こころや忘年会2016

去年は住吉大社駅そばの、老舗の料理屋さん「廣田家」さんで寄せ鍋と名物の豆ご飯の宴会、そして六代目笑福亭枝鶴師匠にお越し頂いて、座敷で落語を一席、師走と言うことで「尻餅」をという贅沢。
dsfgfhmy245

今年は南地は法善寺横丁の「久佐久」さん、私ここのお料理が大好きでして。
おまかせで
白和え・紅白のお造り・海老芋の炊いたん・おから・土手焼き・西京漬・おこぜの唐揚げ・鯖寿司
白鷹を錫のチロリの上燗でチョネチョネと。

今年のゲストはお江戸から、粋曲の「柳家小春」さん

端唄に都々逸、俗曲、小唄
法善寺横丁に三味の音と、鈴を転がすような小春さんの声がしっとりと沁み渡りました



お酒をよばれながら聞く贅沢さ・・・

こういう会は、いくら主催いたしましたとて、皆さんに来ていただかなければ成り立ちません
夢のようなひとときでございましたが、ひとえにお越しくださった方のおかげはもちろん、いつもご贔屓いただいている皆さんのお陰であります、心より感謝申し上げます。

いつも通りのグダグダさでしたが
皆さんに助けていただいて、そして小春さんの柔らかさで、ふんわりと濃厚に打ち上げられました、ありがとうございました。

小春さんが持参されたCDもたくさんお買い上げ頂いて、ちょっとホロリとして、酔っ払ってしまいました。

道楽亭での出番を終えられた、六代目の笑福亭枝鶴師も遊びにいらしてくださって、師匠の大阪締めで打ち上げ、年忘れのめでたさと、来年の弥栄を祈念致しました

また来年も、色々な着物を着て楽しめるイベントを開催したいと思っています。お世話になっている皆さんに来ていただくのはもちろん、初めての方でも、ビギナーの皆様も、ウチでお求めやないみなさまも、ご遠慮のう、どうぞどうぞ。

着物を着てもらう機会をご提供して、良さを知ってもらって楽しんでもらって、と言うのがコンセプトですから、その他に何の条件もありません。行き届かない事も多々ある事とは思いますが、僕自身色んな方とお話したいですし、どうぞお気遣いなく、敷居もありませんから、お気軽にお越しいただければと思います。

健やかな年末と、美しい来年でありますように。

別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2016-12-13 Tue 18:06 ∧top | under∨
<<もういくつ寝ると | ・・・こころや日記・・・ | やっとこさ袢天をば>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |