いよいよ明日は、粉浜で玉川奈々福さん♪

当日券ございます、どうぞこぞってお越し下さい!

nanafu2016omote.jpg

玉川奈々福・蕚慶典
浪曲と節談説教の会


節談説教(ふしだんせっきょう)とは、日本の仏教布教手段を指す「説教」のうち、浄土真宗に固有の言葉である。また、一般には仏教全体の「節付説教」を表す言葉としても用いられる。仏教に馴染みのない聴衆に伝わりやすくするために、話す文句(説教)に抑揚(フシ)が付き(多くは七五調である)、人びとの情念に訴えかけるように工夫されたものである。その芸能性により、浪曲、講談、落語などそれぞれの話芸の母体となった。これを行う説教師は、昭和期においてなお、寺をめぐり旅をしながら浄土真宗の教えを説いて回った。


浪曲(ろうきょく)は、明治時代初期から始まった演芸である。「浪花節」(なにわぶし)とも言う。三味線を伴奏に用いて話を語り、歌う[1]。各演題ごとに歌う部分(節)と語り演じる部分(啖呵)を両方持つ。明治時代後期から昭和中期にかけて日本全国で庶民的な人気を博し、大衆文化として、日本の近代文化史・メディア史に欠くことができないものとなった。

 

日時
2016年11月26日(土)
開場17時30分 開演18時

出演
節談説教:壽光寺住職、蕚慶典
浪曲:玉川奈々福
曲師:沢村さくら

番組
一、正覚寺住職挨拶
一、節談説教
仲入
一、浪曲
一、対談
仲入
一、浪曲

席料
2,500円(当日・前売共、お代は当日申し受けます)

場所
大阪粉浜 正覚寺本堂

大阪市住吉区東粉浜1-6-5
南海線「粉浜」徒歩8分・四つ橋線「玉出」徒歩8分
阪堺線「塚西」徒歩3分・高野線「帝塚山」徒歩5分


お問い合せ  090-1487-0019 (こころや)




hanafusa.jpg
蕚 慶典(はなふさ けいてん)
一九五五年生。浄土真宗本願寺派・大阪教区・西成組・壽光寺住職。
継職と同時に、祖師伝を理解し語ることができなければならないと課題をもった。
そこで、祖父江省念師の『口伝の親鸞』を暗記し法話することから始め、やがてそれを年に一回高座で説教することとした。さらに、夜間中学の非常勤講師となる御縁から、オーラル・コミュニケ―ションの原初性と重要性に目覚めて「語り物」の豊かさを演じる布教に本腰を入れることとなった。
辛うじて残された音源等から学ぶ中、先達であり二〇〇六年八月、築地本願寺「節談説教布教大会」を立ち上げられた武藤幸久師とネットを通じて知り合う。師から本派の東保流説教の手ほどきを受け私淑せんとしたが、師は急病で大会を待たず御往生となった。
その後同志が立ち上げた「節談説教研究会」へ参加し学ぶ。
二〇一〇年の大阪での『親鸞聖人七五〇回遠忌記念・東日本大震災チャリティ・節談説教布教大会』の実行委員長を務めるなど、高座説教に特化して出講し「節談説教」の復活発展に努力している。
同会理事にして、二〇一七年春号から、機関誌『節談説教』の編集長を勤める。



nanahu.jpg
玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日、三波春夫先生と同じ7月19日
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。
1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。
師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。
2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。
2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。
同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目興行を行う。
さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。


奈々福さんが、ご自身のブログでこう書いてくださっています

「四天王寺から熊野に至る住吉街道は、貴顕の人から小栗判官や俊徳丸といった病んだ人たちが通った弱者の道ですよね」と、粉浜のきものやさん、こころやさんに、とある会でお話をしたら、そのことをこころやさんが檀家寺のご住職さまにお話をしてくださって、それに反応してくださったご住職さまからのお声掛けでこの会が実現しました。なんという不思議な! 大阪滞在中再度住吉街道で浪曲ができる!!!


住吉街道と、その東側の熊野街道、そして我が住吉界隈は古来より神事と芸能の場であります。名刹正覚寺の江戸中期造立の本堂で、いにしえに想いを馳せながら、浪曲と、そのルーツである節談説教の聴き比べは、とても興味深いことでしょう。

・節談説教復興の旗手、壽光寺住職、蕚慶典師
・浪曲界に熱い新風を吹き込む東西切っての人気者、玉川奈々福さん
・名人沢村豊子師のお弟子、曲師、沢村さくらさん

節談説教、対談、浪曲二席、たっぷりとお楽しみ頂けます
役者揃いのまたとない機会、どうぞ皆様のお越しをお待ちいたしております!
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2016-11-25 Fri 17:01 ∧top | under∨
<<こころや忘年会2016 | ・・・こころや日記・・・ | こころや吉例「初春文楽鑑賞会」まもなく定員になります>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |