16日(土)から20日(水)まで「夏の赤札市」

13528798_1226008470766835_8372049530862244451_n.jpg

2016年7月16日(土)から20日(水)まで

「夏の赤札市」

を開催いたします、涼みにお立ち寄りくださいましたら幸いです

今年は、店頭の陳列を毎日変えました
注染ゆかた、雪花絞、新之助上布、小千谷ちぢみ

日差しの強い暑い暑い日にはスッキリと
13418939_1061473633932741_3648617408132615981_n.jpg
ゆかたの「アールヌーボー」のような花柄に、市松の博多帯
曲線柄に直線を合わせてメリハリを

梅雨入りの時は、紫陽花を意識して
13419117_1215185581849124_6450750898415001431_n.jpg
雪花絞を引き立たせるために、同系色薄めの帯で優しく取り合わせ

雨の日は、小野道風「柳に蛙」の趣向
13592731_1227804413920574_4510527939555380963_n.jpg
柳尽くし、ポイントには蛙、詩情を衣装に取り込みました

お神輿のかつぎ初めの日はキリリと
13413791_1208307102536972_8648923820181796236_n.jpg


どんよりした日が続いていたので、道行く人に微笑んでもらいたくて
nekonyan.jpg
ねこねこ、猫猫、ねこ尽くし
ちょっとこれはやりすぎましたかね

この子たちも、もちろん大割引にてご奉仕申し上げます
これからの、お仕立てですと盆明けの仕上がりになりますが、来年用にいかがでしょう

帯は一本より二本あった方が、コーディネートの幅が広がって、同じ着物でも帯を変えれば着回しが効きますから、タンスの中をお調べなさった上で、無地、博多、染帯、艶のあるもの、素材感が引き立つもの、お持ちになっておられない、できれば正反対のような、たとえば、九寸の帯ばかりなら、八寸の帯、艶のある染帯をお持ちならば、素材感の立つ織の帯、といった風にお選りなされれば、きっと出番も増えますから、お値打ちのうちにお求めなされるのがお得かと存じます

別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2016-07-09 Sat 23:23 ∧top | under∨
<<今週の店内、土曜日からは赤札市 | ・・・こころや日記・・・ | 文月はお祭り月>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |