晒(サラシ)のこと

先日の火曜日は住吉大社の御田植神事でした。昔から大阪では御田(おんだ)が終わると「召し物は夏物に」という言い伝えがあります、一方で「ゆかたは愛染さんから(六月末)」からとも言いますが、気温が高めの昨今、なるべく前倒しにしたほうが良いかもしれませんね

13428404_1063963840350387_5333909094512177066_n.jpg


御田がおわると、界隈は夏祭「住吉祭」の準備に入ります
今年は明治の大神輿の修繕が成って、昭和16年以来の舁き出しが行われますので、いつにも増して大きく賑やかなお祭りになりそうです。現在、神輿会の揃え法被の調製に大わらわ、こうして住吉さんの御用を達する光栄に身が引き締まる思いです

12986971_1027843410629097_4971066417042401978_n.jpg


神輿会の花形、輿丁の皆さんがそろそろ腹に巻く「晒」を買いにいらっしゃる時期でもあり、たくさん仕入れました

つれづれに「晒」のお話をいたします
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2016-06-15 Wed 11:18 ∧top | under∨
<<晒(サラシ)のこと | ・・・こころや日記・・・ | 今日の店頭は新之助上布>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |