一目惚れ布の花々

琉球土産
首里織は新垣さんの草木染の手織の名刺入れ
13307265_1057336241013147_7616293402189518389_n.jpg

美大からの友人で京都を拠点に活動する、バティック(ジャワ更紗)とフェルトのアーティスト「フジモトヤスヨ」
5/18〜24
阪急うめだ本店「インドネシアと日本 島々の染と織」展
13239333_1050216588391779_5878843021671459891_n.jpg

13319883_1052529764827128_5013123479569825827_n.jpg
作品のバティックの角帯に一目惚れ

5/25~30
同じく阪急うめだ本店「ぬぬぬぱなぱな」展
13307239_1054364307977007_6268324347038875672_n.jpg
西表島の亀田恭子さんの手織のストール。色目、柄ゆき、織味の良さにまた一目惚れ

奇しくも阪急うめだ本店で、インドネシアと琉球を回顧することが出来ました
友人のフジモトヤスヨ氏とは
「紅型はなぜ顔料を使うのか」についてしばし談笑、技法にやはり南方の影響がみえ、興味深く

「ぬぬぬぱなぱな」の織味の素晴らしさ、いつかは芭蕉布を着てみたいものです

新垣さんの織物の凜とした佇まい

たかが布、されど布
ユニクロも布なら、合成繊維も宇宙服も布、いろんな布がありますが
上記三点の布は作り手の気持ちと想いが美しく表現され、作品となった
目も喜び、触れれば手が喜び、からだが嬉しくなるような
まさに「布の花々」です

皆さんにいづれご覧いただけますように、精進の日々
とはエエ格好いうものの、趣味と実益を兼ねていますから
良い布に触れられた時の嬉しさは、美味しい食べ物に当たった時と同様、こたえられないものがございます



別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2016-05-31 Tue 11:48 ∧top | under∨
<<水無月のお朔日 | ・・・こころや日記・・・ | 琉球へ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |