新之助上布の白生地

13043473_1179326632101686_4542483641855355521_n.jpg
新之助上布の綿麻白生地が届きました。ハリとコシがあるのに柔らかくしなやかで艶々とし、本当に上質な生地です

弊店ではこれを墨流しに染めてもらいます、3月に染めましたが、お陰様で好評で、追加をし、東京でもご覧頂きます
13076809_1179326638768352_4720577609826830388_n.jpg

*白生地の反物の幅は1尺2寸弱ありますが、シボ加工をしますと1尺5分ほどで上がります、シボ加工をすることで、奥行きと深みがでます。東京でご覧頂きます時は平織の状態です、シボ加工を施した上で仕立を致しますからしばらくお時間を頂きます事をご了承くださいませ

小倉充子さんも、作品に使われています
昨年度の作品が続々と上がって来ております。皆様方、もう一寸お待ち下さいませ
写真は「流水蓮之図」
13119073_1181380975229585_6265256117621151782_n.jpg

展示時は地が白でしたが、ご依頼者のイメージも鑑みながら、淡い水浅葱に染められました
13062086_1181380968562919_1514188781766815817_n.jpg

生地は新之助上布の綿麻地
昔ながらに織られた生地を慈しみながら、充子さん自身、一点一点に心と想いを込めて染め上げられます
仕立ては、作風を良く理解なさっている、平塚在の和裁士さん。丁寧な仕事が糸目を通して伝わります
質の良さは染めの良さと相俟って着姿の美しさへ昇華します

こころの籠ったものは触れると伝わります
きちんとした仕事の積み重ねが、充子さんの仕事を盛り立て
ひいては皆さんの着姿の美しさに繋がって行きます


2016.5.14(土)〜16(月)の3日間


1605omoteL.jpg

東京、表参道「ペリーハウスギャラリー」でも
「春の音色展」
を開催いたします

・単衣や夏物・ゆかた・キモノに帯
・着物まわりの色々
・新之助上布の綿麻、本麻・墨流し
・「うらら帯」「ふぁんじゅ」
・「み々弥」の夏帯〆、帯留
・ガラスの帯留「東風杏」
「kimito」の七宝焼の帯留
「ツバキ庵」モリタマミのグループカラーコンサル

そしてご好評にお応え致しまして
・千花の墨流し
13083315_1178724615495221_4232751227797225070_n.jpg

・manamiのレース羽織紐
13083178_1178724608828555_8049779489208914915_n.jpg

もご覧頂けることになりました、皆様のお越しをお待ちしております
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2016-04-29 Fri 12:16 ∧top | under∨
<<本町着物フリマに参加いたしました | ・・・こころや日記・・・ | ご来場御礼申し上げます>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |