お雛さま考

dfgh5s.jpg
住吉っさんの社務所の奥のお雛さん
元は、この辺りの村のお庄屋さんのやったそうです

禁色でもって、お上しか着られない、お日様の色みたいに赤く見えたり金色に見えたりして美しい「黄櫨染の御袍」や官女の「大腰袴」など衣装がそれぞれ忠実に再現され、菱餅も木に縮緬が貼ってあったりと、隅々まで凝った作りでかいらしこと

禁裏さまが左の京阪の風、旧暦ならば本日は如月五日、あとひと月楽しめる寸法

vbjyf24.jpg

165-a.gif
これが黄櫨染の御袍(こうろぜんのごほう)です。唯一禁裏さまだけがお召しになることができる衣装です、冠の上にピンと立っているものを「纓(えい)」といいます、立っているので「立纓(りゅうえい)」

193-a.gif
主上以外は「纓」が垂れた「垂纓(すいえい)」の冠です

左大臣と右大臣は、武官の装束です
5-a.gif
文官の装束と違い、腋(わき)を闕(欠)けて動き易くした「闕腋袍(けってきのほう)」
冠の纓も「巻纓(けんえい)」に、走ってもブラブラしないようにしています

ちなみに「纓」
元々は冠は柔らかくて、髷の付け根に巻きつけて冠の形を作り、余った布を垂らしていたものなのですが
014-b.gif
いつの間にか飾りになり、光源氏の頃はそれでも柔らかく垂れていたものが
Genji_emaki_Kashiwagi.jpg
武家の伸長に伴い、装束も纓も張ってきます
800px-Minamoto_no_Yoritomo.jpg
やっぱり男は強く見せなきゃいけないのでしょうか、悲しいサガを感じます

三人官女は「大腰袴」
126-a.gif
女官といえば
19-a.gif
こんなイメージもおありでしょうが、江戸時代の後期に高級女官が帝の御前においてのみ行われた特別の服装やとか

十二単は正式には唐衣(からぎぬ)と裳(も)を組み合わせるところから「からぎぬも」と言いますが
平安時代から現在まで、応仁の乱でしきたりがわからなくなってしまったこともあり、様々な変遷をします
7-a.gif
平安時代
125-a.gif
江戸後期
176-a.gif
現代

このお雛さまは衣装から判断すれば、江戸の後期の御所の有職を模したものやとわかります

ちなみに五人囃子の衣装は「直垂(ひたたれ)」といいます、お相撲の行司の衣装ですね
公家の「袍」に武家の「直垂」
袍は多分に唐土の衣装の影響を受けていますが
直垂の系統の衣装は歴史をさかのぼると、こうなるだろうと言われています
cvbnyt4d.jpg

dfgrrukj.jpg

sdfght43.jpg
埴輪です、まさかお相撲さんの行司と埴輪が繋がるとは思いもよりませんが、弥生時代の衣装が進化した形と言う説が有力やとか。着物というのは、そういう面から眺めてみても、面白いものですね

余談ですが、お雛様は雲の上の方ですから、絹をお召しですが、殿上人以外は江戸も吉宗の頃に木綿が広まるまでは「麻」を年中来ていたそう、今の大河ドラマでも「麻の直垂」を真田の皆さんは着てはります、リアルやなぁと感心してみているのです

宮中の有職があるからこそ、今に故実が生きているのは素晴らしいことやと思います
TPOとかしきたりはそういった意味では、とても大切やとは思います
けれど、埴輪が行司になるやなんて誰が想像していたでしょう、衣装は時代によって変化するものでもあります

日本の服飾の連綿たる大河の流れのような歴史からすれば「着物は昔からそうやった」というても、小石を川面に投げたようなものでしかないのも、一方の真実
この積み重ねと幅の広さ、この両輪を楽しめる事こそが、和服の醍醐味ではないかと思うのです




別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2016-03-13 Sun 12:56 ∧top | under∨
<<にゃくらとうなぎ | ・・・こころや日記・・・ | 阪急うめだ本店催事、おひらきです>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |