赤札市のお知らせ、その3

cvas12tf.jpg

2016,2,5(金)〜10(水)

創業130周年の感謝を込めて、粉浜のこころや店内にて
赤札市を開催致します

結城紬です、こまかく申しますと「石下結城」です
本結城は手紬糸で、弥生時代のままの織機で地べたに座って織る技法ですが
昔々から織物が盛んやった結城地方やその周囲の、ノウハウの蓄積を生かした上質な、機械織の結城紬です

中でもとりわけ高品質な「奥順」さんの「はたおり娘」を特価にて

34rtgdj.jpg
本来はちょっと赤みの紫をしっとりさせた色合いの微塵格子です

ertyhjcx.jpg
無地感なので、コーディネートがお楽しみ頂けます

werthcd.jpg
50000円

12345yufd.jpg

vdfh5.jpg
同じ風合いのベージュバージョンです
qwydd.jpg
50000円

23456gxd.jpg
ベージュ地に亀甲絣が飛び柄で入った粋なもの
scvbnjyf.jpg
68000円

2356gxss.jpg
こちらは縦に亀甲絣、そして霧雨ほどのマルチカラーの縞が入っています
1345gkjh.jpg
78000円

bnmjyt5.jpg
同じく「奥順」さんがこしらえはった、八寸の帯です
cvbnmjtrd.jpg
48000円

dfjfx3f.jpg
結城尽くしです

お仕立て賃は
・袷、海外手縫 20000円
・あさみ:胴裏・八掛セット 22000円

お求め後、結城まで送って、産地で地入れ(糊ぬき)をすると、高いですがふっくらします
もちろん、ウチの悉皆屋さんで地入れも可能です
少し硬いですが、地入れをしないでお召しになる方もいらっしゃいます、自然に柔らかくなるのを、成長を楽しまれるのです
出来上がるまで、アレコレ考えるのも誂えの楽しいところです

もちろん当店で、仕立てをして下さらなくても結構です

皆様のお越しをお待ちしております

別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2016-01-30 Sat 13:09 ∧top | under∨
<<小倉充子新作てぬぐい「小猿七之助」 | ・・・こころや日記・・・ | 赤札市のお知らせ、その2>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |