松の内

関東では7日までやと聞きますが、そうなんですか?
近畿では15日までやと思いますが、地域により違うのでしょうか・・・

なんとか近畿の松の内に間に合うように、賀状を投函致しました
遅くなりまして、すみません

松の内を過ぎ、注連飾りとお鏡さんを開きました
店頭は松の内の宝尽くしのディスプレイから、節分の厄祓いの陳列へ

12552746_1106452809389069_3846900337874729811_n.jpg
「難を転ずる」南天と鱗柄の襦袢地

12573120_1106452826055734_2502825401530947955_n.jpg
七色の伊達締め

長いもの、赤いもの、七色、鱗文様を身につけると、厄祓いになるとか昔から申しますね

七色は七福神の象徴やとか云うそうですが、せいぜい江戸時代あたりからのゲン担ぎでしょう

けれども鱗柄は古いですね、シンプルなデザインゆえ人間が描くことを習得した古い古い昔から続く、世界各国で愛好される文様です、棘を連想させるフォルムが身を守るイメージと結びついたのでしょう、弥生時代の「三角縁神獣鏡」にも施されていますね、いわば厄祓いの老舗です

Bronze_Mirror_in_Ancient_Japan.jpg

見えないところにさりげなく、身につけられるのも素敵なものです
もうすぐお節分、どうぞお持ちください

◎男の大厄42歳
前厄/昭和51年生まれ
本厄/昭和50年生まれ
後厄/昭和49年生まれ

◎女の小厄37歳
前厄/昭和56年生まれ
本厄/昭和55年生まれ
後厄/昭和54年生まれ

◎女の大厄33歳
前厄/昭和60年生まれ
本厄/昭和59年生まれ
後厄/昭和58年生まれ

◎男25歳の厄年
前厄/平成5年生まれ
本厄/平成4年生まれ
後厄/平成3年生まれ

◎女19歳の厄年
前厄/平成11年生まれ
本厄/平成10年生まれ
後厄/平成9年生まれ

◎男女61歳の厄年
(但し満年齢)
前厄/昭和31年生まれ
本厄/昭和30年生まれ
後厄/昭和29年生まれ

別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2016-01-15 Fri 15:17 ∧top | under∨
<<初春文楽と新年会ご報告 | ・・・こころや日記・・・ | いよいよ、こころや吉例「大阪ディープツアー」~初春文楽と新年会~です>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |