あと二日

「東風杏」こと三品さんのガラスの帯留。

「日比野琴」さんの「桃葉モデル」に「羽織のチェーン」

も大好評な『伊勢木綿とブログで評判の帯留たち』展です。
気持ちの良い方が作らはると作品にお人柄が出るのか、素敵さが倍増です。

店に入ったら買うまで帰さないって事は誓ってしませんし、まぁいっぺんご覧になって頂きたいです。

日曜日は、「桃葉さん」が来て下さって、大盛況でした。

『厚みのある的確なアドバイスに、こういう呉服屋さんが家の近くに在ればいいのに、と思う事しきり。』
と、嬉しい、有り難い事を書いて下さっていましたが、実のところ、まるで酔ったようで、何をしゃべっていたのかもあまり。。。。。お越しの皆さんに失礼が多々あったと思いますが、お祭りの中の出来事やと思ってどうぞお流し頂ければと。

母も子も、テンパり気味で、桃葉さんの光に支えられました。
だってお店が忙しい経験なんて、あまりありませんもの。

思えばバーゲンの時の洋服屋さんとか新地のママって、あのお客さん捌きってすごいなぁと。

僕はしょせん男ですから、ついつい自分の目線で『買い過ぎ!』とか言ってしまうんですが、桃葉さんと皆さんが心から楽しんでおられる姿を目の当たりにし、女性のお洒落ココロをわかってなかったんやなと反省したり、つい着回しのきく無難な色合わせになりがちなのを「帯と着物でアポロチョコのイメージ」とか「草履と花緒の斬新なコーディネイト」が目から鱗で、『遊びココロ』を肌で感じて、目の覚める思いでした。
ついつい「呉服の将来」とか「織や染めの組織や技法の違い」などとお堅い方に流れがちなのを、「ファッション」やねんなぁって事をあらためて気づかせてもらい、もっと綺麗なものを見たり聞いたりして、感性を磨かなきゃって思った次第で、皆さんに教えられる事がたくさんで、教えて頂いた上に買うて頂いて僕は何て果報者なんでしょう。

「お疲れじゃないですか」と有り難いお言葉を頂いています、そら疲れないと云えば嘘になりますけれど、そんな素敵な皆さんに支えられているんです、「疲れた」なんて云うてられますかいな。

本当にありがとうございます、引き続き、明日、明後日、少しでも多くの方に見て、触れて楽しんで頂きたいと思います。
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2010-04-20 Tue 13:35 ∧top | under∨
<<感慨無量 | ・・・こころや日記・・・ | 晴天日曜>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |