来年の新之助上布

近江の里の「新之助上布」の師匠、大西實さんは多くを語りはりません。糸、織り方、仕上げ、全てにおいてこだわりが詰まっているのに、自分ではほとんど語りはりません、けれども私も含めて師匠の人柄に惚れた自称弟子の皆さんから仄かに伝え聞く妥協のない真摯なものづくりの姿勢は、凄まじいばかりの覚悟と気迫を感じ、僕もかくありたいと尊敬するのです

けれども、そんなことはどうでも良くって、結局いいものは着ればわかるのです、春夏物とて肌に近いものですから、風合いの良さは身につければたちまちにしてわかります、我が業界に、こんなに誇らしい布がある喜び、触れるとウキウキする上布です

「来年分、出来たからおいで」と連絡を下さったので、能登川へ
bvdf4.jpg

じっくり、うっとり拝見いたしました
srtyuiklmh6.jpg

mnbvcds.jpg


新之助の師匠は
1月29日(金曜日)30日(土曜日)31日(日曜日)
2月26日(金曜日)27日(土曜日)28日(日曜日)
東京は人形町の「スタジオアレコレ」さんで新作発表の内覧会をなさる予定です

また
3月25日(金曜日)26日(土曜日)27日(日曜日)
おなじく東京は新御徒町の「ぎゃらりーしあん」さんで
恒例の「新之助上布と仲間たち」展が開催されます、これは私も参加致します

大阪では4月にお披露目致します、大阪でご覧頂けるのは、ココロヤのみになりそうです

「かっちゃん」て師匠にも奥さんにも子供みたいにお付き合いしてもろて、嬉しいんです
師匠と奥さんは、すごい仲良しで、夜には三人で水入らずでもってお酒たらふく呑ませてもろて、温かさに触れました。大好物の鮒鮨までお土産にもろて、ほんまに何しに行ったかわかりませんけど、近江のお父さんとお母さんの心のこもった上布は、来年もやっぱりウルウルするほど素敵です、大事に大事に皆さんにご覧いただきます

10458651_950133341733438_5495035444902302976_n.jpg


別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2015-12-19 Sat 14:43 ∧top | under∨
<<押し迫りました | ・・・こころや日記・・・ | 肌着を買いに>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |