肌着を買いに

もう13日になってしまいました・・・光陰矢の如し
やっとこさ、着物の整理を致しました、ついこの間まで夏やったのに、もうクリスマスやなんて・・・

これから忘年会や新年会で着物の出番が増えますし、新年を迎えますし肌着を買いに行きました

k3jvy.jpg
メリヤス(いわゆるニット編みの生地、要するにTシャツの生地です)のステテコに「U首シャツ」、そして普段履きの足袋です(汚れが目立たないので裏が黒い)
eyuli7.jpg

jhfdert.jpg
U首シャツにするには理由があります

bvfdrty.jpg
着物からTシャツの襟が見えると、こうなってしまうからです、U首だと見えないのです。もちろんわざとカラーTシャツやトックリ首のセータなどを魅せる着こなしをされるかたもおられますから、出るのは悪いことやないですし、この写真のようにおじいちゃんの世代がこんな着こなしをしてたのは肌着の「ラクダの毛のシャツ」が高級品であったことで「ちょっと見せたろ」な気持ちがあったのは否めません。僕は見えないように着たいので襟繰りの深いのを求めます

dfghjk.jpg
こんなのもあります、晒やガーゼでできた「肌襦袢」です、基本はこれです
「肌襦袢が着こなしが落ち着く」と言われますけれど、僕はシャツとあまり変わらないと思います、それよりもピッチリ決めた髪型の上から「かぶる式」のシャツを着るのはセットの乱れの元ですから、肌襦袢が便利です

ちなみに「襦袢」はこんな来歴があります

男の着物を着るには

肌着の上下、足袋
長襦袢か半襦袢、紐
着物、紐、帯
羽織、羽織紐
履物

が必要です、長襦袢か半襦袢があまり汚れないように肌襦袢を着ます、ごく機能重視なものですから、正月一回だけ着るためにわざわざ肌着を揃えるのはなぁとお思いでしたら、タンクトップでもランニングシャツでもかまいません、寒いようならばヒートテックでもかまいません

下に僕は「ステテコ」を履きます、これとて歩いた時に足首からタイツが見えるのが恥ずかしいので寒くても我慢してステテコを履きますが、着物にタイツってあったかくて気持ちいいものです。逆に暑くてもトランクスは履きません、薄手の生地のステテコを履きます、これは内腿に汗をかいて擦れるのが気持ち悪いからです、あとは流行りのトランクスやボクサータイプのパンツは、へそ下に帯を締めますから、股上が高くて小用がしにくいという面もあります、ステテコは股上が低いですからね

初詣、元旦のお天気はまだわからないですけれど、案外足元と首回りが寒いので、例えば足袋の下に薄手の靴下を重ねると暖かいですし、洋服のマフラーを合わせると防寒とオシャレの一石二鳥です

肌着は直に肌につけるものとて、お好みの振れ幅が大きくて人それぞれなので「コレ」という答えもないですが、その分見えないので自由です、半襦袢、長襦袢の下に何にも着ない人もいるほどです、Gパンのラインが崩れるからパンツ履かない、みたいなものでしょうか

お正月、着物でも着ようかなぁと思っておられる男性の皆さん、ご参考までに。着方はゆかたと同じです、羽織やマフラーでちょっと崩れても隠れて綺麗に見えますから、冬の装いは存外、楽なんですよ

お世話になっている阪急さんの動画
これわかりやすいので貼っておきます



別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2015-12-13 Sun 15:22 ∧top | under∨
<<来年の新之助上布 | ・・・こころや日記・・・ | 忘年会を致しました>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |