こころや「秋の音色展」2015〜木綿七変化

お彼岸を過ぎてすっかり秋の風情、木綿の着物たちも活躍の時期がやってまいりましたね
「いつからいつまで着られますか?」とよく聞かれます
「寒くなったら防寒を、それでも寒くなったら一旦おやすみ、そして暑くなるまで」とお答えしています、自由です。あくまでもファッションですから自在です

今回出展の木綿たちはこちらも是非ごらんください

「今、改めて伊勢木綿を」
http://cocoroya5.blog117.fc2.com/blog-entry-635.html

「オリジナルのデニーム」
http://cocoroya5.blog117.fc2.com/blog-entry-698.html


124dfjrt4q.jpg
伊勢木綿とは長いお付き合い
柄はたくさんありますが、大きく三つに分けられるんやないかと
「テンションアップ系」
「伊勢木綿ならではの派手さやけど帯で大人コーデも出来る系」
「大人コーデ、これって紬?系」
lpq4c6hh.jpg
大きめの格子で柄で「テンションアップ系」です「普段はシックやけど、浴衣は弾けます」って方も結構いらしゃると思います、浴衣より伊勢木綿の方が誂えてもお安いですから、たまにはこんな元気なので街を闊歩するのも楽しいです
1crejrg4.jpg

qx5fgr.jpg
帯あわせで雰囲気も変わるでしょう

ココで一点、伊勢木綿を選ぶときのコツ
伊勢木綿は幅広で長尺です、幅は一尺一寸(41センチ内外)ありますので背の高い方にも対応可能です、けれども幅が広い分150センチ半ばくらいまでの方なら、仕立ての際、縫込みが多くなってしまうので、反物で見ているより仕立て上がりの印象が変わります
qcfh57.jpg
白場が多くなってしまうんですね、僕は仕立て上がりの姿を想像出来ていますが、案外大柄の出来上がりはイメージしにくいものです、心ゆくまで質問していただければと思います

8wb6s.jpg
「伊勢木綿ならではの派手さやけど帯で大人コーデも出来る系」
こんなの正絹ではありえない色出しです、素材感がマットな伊勢木綿ならではです。正絹物を着慣れておられる方は正絹のツヤ感と同様に思いはるので最初はびっくりなさいますが、当てると「案外落ち着く」と納得されます、多色使いの縞は伊勢木綿の人気柄でもあります、色んな色が入っているので帯周りで遊べるんですよね、可愛くも大人綺麗にもなります
l4zcf.jpg

k3vu.jpg
「大人コーデ、これって紬?系」絣糸が入っているので奥行き感と深みがでます
木綿は一枚あればいいし、着回しが効くものをという方にも人気です
4rfsjn.jpg
ちょっと良い帯でもしっかり受け止めます
jrr986.jpg
もちろん半幅でもオッケーです

そしてオリジナルのデニームです
flkjtxh2.jpg
どうも色がうまく出ませんねぇ
q4vc7.jpg
こっちの方が近いです
敢えて手紡ぎの草木染の絞り染の九寸と合わせました、デニム、負けていません。大人です
lwiprt02.jpg

これは大島紬の大問屋の発信する「nono」さんの木綿です、独特の存在感にやられました
26cj8.jpg

どっか大島の匂いがするんですよね、なので大島に合う帯を合わせたらば
atv5123.jpg
大島になりました、裏も綺麗でしょう

v34575jgx.jpg
敢えての博多、黒と赤って好きなんです

色んな木綿素材の着物たち、楽しいですねぇ
って書いてる時に気づいた事が、やっぱり帯で随分雰囲気が変わりますね
「着物一枚に帯三本」ってよう言うたものです
タンスの引き出しをお開けになって今シーズン着られるもののチェックをなさってくださいね

帯といえば、ルミロックさんのところの帯を一目惚れでお嫁にもらいました
pw94856advln.jpg
わかりますか?これ文楽は義太夫節の床本なんです

日本音楽・演劇用語。おもに義太夫節などで,語り手の太夫が公演の際に見台 (けんだい) の上に置いて使用する詞章本。義太夫節の場合,横約 21cm,縦約 27cmぐらいの大型本で,1行9字前後で5行が標準。


やられました
ojdnf4.jpg
デニムと合わせてみました、渋すぎます
どなたかこれで一緒に文楽行きませんか?
g6f6b8.jpg
この帯にはもれなくウチのオリジナルてぬぐい「義太夫節」が付いてきます
義太夫尽くし、渋い・・・渋すぎる




こころや「秋の音色展」2015

Lomote.jpg

Lura.jpg


2015年10月9日(金)より12日(月曜日、体育の日)の4日間
営業は11時~18時まで

天満橋:マルゼンボタンギャラリー2階ギャラリーにて


伊勢木綿を70柄お披露目致します
wa-urara×こころやオリジナルデニム着物と新作のうらら帯の発表
・秋と冬のキモノや帯そして着物まわりの色々
・絹の墨流しを染めました
・スンバ島とカトマンドゥの布たちをご覧ください(一部帯に加工しました)
「さくさくぷらす」Tシャツ型襦袢「ふぁんじゅ」新作とワークショップ

そして東京より新進気鋭の作家さん
・七宝焼帯留「kimito」さんの作品展

・kimitoさんとモリタマミさんのトークイベント「マミミトトーク:みんなちがってみんないい(有料)」
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2015-10-03 Sat 21:37 ∧top | under∨
<<字の綺麗な美女と写真の上手いイケメン | ・・・こころや日記・・・ | こころや「秋の音色展」2015〜着こなしとイメージ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |