こころや「秋の音色展」2015〜着こなしとイメージ

僕の場合は昔ながらの大阪の呉服屋の着方が当然ベースになっています(と言いますのは、一昔前までは職種によって着方が違っていたのです)あんまり襟を詰めずにゆったりと小ざっぱり、色使いはシックに抑え、そして黒繻子足袋です。若い頃テレビで見る役者さんの姿に憧れて、白足袋でもって着物をそれっぽく真似をしたら「役者の出来損ない」といわれギャフン、けれども少し体験させてもらった歌舞伎の世界や長唄の世界では逆に僕の着方が「だらしない」と言われ「襟を詰める」ことを教わりました、ところ変われば品変わるです

「着付け」は美しく着るためのお稽古、「着こなし」は深みとコクです、着方は星の数ほどあります、着る人それぞれに答えがあり、ちょっとしたことでいろんな魅せ方があるものです

僕らの仕事は見立てはもちろん、着こなしまでトータルにコーディネートすることやと思っています、いわば専属のコーディネーター

「着こなし」はイメージの引き出しを多くすることもポイントやないでしょうか
着物でお出かけツアーや宴会は、いろんな方とのふれあいで、情報交換会な意味合いもありますし、伝統芸能の皆さんの風情を知って頂きたいという気持ちもあります
販売だけではスタートに立ってもらっただけです、そこからイメージをふくらませてもらって、より一層磨き抜いて美しく着て頂ねばなりません、そんなサポートをしっかりしてゆければな、と思っています

そんなことで、引き出しとイメージをふくらませてもらえる格好のイベントをご紹介



「ツバキ庵」のモリタマミさんと「kimito」の植木未斗さんのトークです
マミさん自身がおっしゃっていますが、実の娘さんと未斗さんは同い年、ある意味親子対決のようです、世代が違えば着こなしも変わります、お二人の会話にそんな事が浮き彫りになれば見えてくるものもたくさんあるでしょう、示唆に富んだ楽しいものに違いありません、お二人のコーディネートなトークを、どうぞたっぷりお楽しみ頂いて、皆さんそれぞれが個性的で、より美しい着こなしの、どうぞ糧になさってください

まだ空きがございます!!

〜マミ・ミト・トーク・みんなちがってみんないい〜

2015年10月10日(土)17:00より
天満橋:マルゼンボタンギャラリー2階ギャラリーにて約40分+α
料金2000- (当日頂きます)

お問い合わせは こちら

★エントリーはこちら★
お申し込みの際には
「お名前」
「ご住所」
「携帯などのご連絡先」
をお書き下さい

※人数限定です、エントリーはどうぞお早めに(定員になり次第締め切ります)
※当日17時より、スペースはクローズ致しますので、一般のお客さまはお入りになれませんのでご了承くださいませ
※ほんの少しだけ当日の受付もしております、ただし事前にお申込みいただいた方が確実です
※エントリー後の自動返信メールがない場合はお問い合わせください




こころや「秋の音色展」2015

Lomote.jpg

Lura.jpg


2015年10月9日(金)より12日(月曜日、体育の日)の4日間
営業は11時~18時まで

天満橋:マルゼンボタンギャラリー2階ギャラリーにて


伊勢木綿を70柄お披露目致します
wa-urara×こころやオリジナルデニム着物と新作のうらら帯の発表
・秋と冬のキモノや帯そして着物まわりの色々
・絹の墨流しを染めました
・スンバ島とカトマンドゥの布たちをご覧ください(一部帯に加工しました)
「さくさくぷらす」Tシャツ型襦袢「ふぁんじゅ」新作とワークショップ

そして東京より新進気鋭の作家さん
・七宝焼帯留「kimito」さんの作品展

・kimitoさんとモリタマミさんのトークイベント「マミミトトーク:みんなちがってみんないい(有料)」
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2015-10-01 Thu 11:03 ∧top | under∨
<<こころや「秋の音色展」2015〜木綿七変化 | ・・・こころや日記・・・ | こころや「秋の音色展」2015~ふぁんじゅとワークショップ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |