うめだ阪急でご覧いただくものをご紹介/新之助上布

2015年6月10日(水)~15日(月)

阪急うめだ本店 9階 「うめだギャラリー」


~おしゃれ夏きもの 2015~

に出店します、どうぞ宜しくお願い致します

「新之助上布」

師匠と尊敬する伝統工芸士の大西實さんが織りなす布です

綿麻は28000円、本麻は50000円(本体価格)

一般に流通している綿麻や本麻の同価格の布とは全く風合いが違います

「お値段以上」というフレーズで片付けてしまうのは勿体ない。糸から織り、仕上げに至るまで、材料を吟味し、手を抜かず、こだわりのある仕事と職人のプライドが詰まっています。百聞は一見に如かず、衣食住というように、食と同じくらい着る事は大切で、食材に気を使うのと同様に生地にも目を向けて頂きたいんです、夏場は薄着で生地は肌と近く、肌触り、通気性、着心地の良さが大切です、是非触れて見て下さい、身体が喜ぶ風合いをたちまちにわかって頂けると思います。そして存外ユカタや薄物の方がシンプルなだけに着こなしは難しいものです、麻織物は「ロボットのような」シルエットのイメージで敬遠される事もありますが、新之助上布はハリがあってしなやかで、シルエットがしっとりとしていますから、着心地と合わせて、必ずお気に召して下さる事を請け合います

fm6a462b.jpg

そして新之助上布の白生地を使って、雪花絞を染めてもらいました
fn6846re.jpg
良い生地と良い染めが出逢いました
sdgdtjs.jpg
近江で織って、墨流しは東京へ、雪花は名古屋へ、大阪で検品、近江へ再び戻ってシボ加工です
k546fascv.jpg
これは仕上がって畳んだ状態の生地を芯に巻いているところです、慈しみながら一反づつ手で巻きます
手のひらから伝わるしなやかな風合い

肌さわりで感じる涼

新之助上布と共にお試し頂きたい

品の良い人気者、おなじみ
へちま前板(ベルト付・ベルトなし)・へちま枕
aoikjx.jpg

scdsfjkilkd88.jpg

dfbn56.jpg

へちまは「みゆき」のへちまシリーズをお使いいただきたいと思います
類似品にご注意ください、へちまであれば何でも良いと云うわけではありません
この商品には大きな大きなへちまが使われています、大きなへちまは年間たくさん取れませんからたくさんこしらえられないのが難点ですが、品質本位です

前板を見て頂くと一目瞭然、一枚ものです
d42cna02.jpg
少しでも軽く、薄手で通気性良く、張りと強度を持たせるためには一枚ものが最適です。小さいへちまの継ぎ合わせだと、強度の関係でへちまを分厚くせざるを得ません、そして周りに厚い芯を入れなければなりません。そんなことをすると、いくらへちまが入っているからといっても普通の前板と通気性が変わらなくなってしまいます

へちま枕もそうです、大きいへちまを使っているので、形が均一なんです。帯をしたときのふくらみが自然なんですね
dz58678e.jpg

sdfgif.jpg

最近は年中なさる方もいらっしゃいます、皆様、どうぞお使い下さい。快適です

別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2015-06-09 Tue 10:52 ∧top | under∨
<<阪急うめだ本店『おしゃれ夏きもの 2015』初日を打ち上げました | ・・・こころや日記・・・ | うめだ阪急でご覧いただくものをご紹介/注染>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |