花さかり

京は花のさかりです。

いま、阪急で大阪に帰っている途中で、携帯から書いています。

今日は、新しい問屋さんの開拓と、「玉村咏」さんの京都文化博物館での展覧会の初日に伺うために、上がりました。

問屋さんは四軒回りました。可愛い雑貨や和装小物を探したり、伝統の息づいた帯〆や帯揚のレクチャーを受けました。

そして予定より時間が押して、遅くなりましたけれども、三条高倉の文化博物館の「玉村咏展」へ。

いゃぁ素晴らしかった!

ゆっくり見れなかったので、改めてもう一度(期間は日曜日まで)伺って、次は心ゆくまで見せてもらおうと思っています。

よろしければ、ご一緒にいかがですか?金曜日に行こうかなぁと。

着物の美しさを堪能して頂きたいんです、心がときめく事請け合いです。玉村さんの着物を見ると、感性に刺激を受けます、色合わせ、柄行き、深く深く見れば、普段の着物のコーディネートに広がりが出ると思うんですよ。

ちなみに次回は二年後です。

帰り道、また「えり善」さんに寄りました「勉強させて下さい」と申し出ると、心行くまで見せて下さいます、商品の構成も、値段も示唆に富んで、これもまた刺激的でした。

一杯勉強させてもらいました、もっともっともっともっと勉強します。
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2010-04-06 Tue 19:03 ∧top | under∨
<<花を見に | ・・・こころや日記・・・ | 四月です>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |