速報。四月の文楽の配役が出ましたね

平成二十七年「四月文楽公演」吉田玉女改め二代目吉田玉男襲名披露

4月4日(土)~26日(日)※15日(水)休演、16日(木)より昼夜入替

201504bunraku_poster.jpg

201504kaisetsu_ura.jpg



●第一部  (十一時開演)


「靱猿うつぼざる

猿曳:咲甫大夫/藤蔵

大名:睦大夫/団吾

太郎冠者:始大夫/龍爾(前半)/寛太郎(後半)
ツレ咲寿大夫/小住大夫

大名:文昇
太郎冠者:勘市
猿曳:清十郎
猿:玉翔



「吉田玉女改め二代目吉田玉男襲名披露口上」



「一谷嫩軍記いちのたにふたばぐんき

「熊谷桜の段」
   
希大夫(前半)靖大夫(後半)/宗助

「熊谷陣屋の段」

切、咲大夫/燕三
後、文字久大夫/清介

妻相模:和 生
堤軍次:玉佳(前半)玉勢(後半)
藤の局:勘十郎
石屋弥陀六実は弥平兵衛宗清:
梶原平次景高:玉志(前半)幸助(後半)
熊谷次郎直実:玉女改め玉男



「卅三間堂棟由来さんじゅうさんげんどうむなぎのゆらい

「平太郎住家より木遣音頭の段」
 
中、芳穂大夫/清馗
奥、津駒大夫/寛治

進ノ蔵人:紋寿
平太郎の母:勘寿
女房お柳:簑助
横曾根平太郎:簑二郎
みどり丸:簑次





●第二部  (四時開演)

「絵本太功記えほんたいこうき

「夕顔棚の段」
   
松香大夫/清友

「尼ヶ崎の段」

前、呂勢大夫/清治
後、千歳大夫/富助

母さつき:文雀
妻操:勘弥
嫁初菊:一輔
旅僧実は真柴久吉:文司
武智光秀:勘十郎
武智十次郎:幸助
加藤正清:勘次郎(前半)玉彦(後半)
  


「天網島時雨炬燵てんのあみじましぐれのこたつ

「紙屋内の段」

中、咲甫大夫/喜一朗
切、嶋大夫/錦糸
奥、英大夫/団七

紙屋治兵衛:玉女改め玉男
江戸屋太兵衛:清五郎
女房おさん:和生
伝界坊:簑一郎
粉屋孫右衛門:玉志
紀の国屋才兵衛:玉勢
おさんの母:亀次
娘お末:簑之(前半)和馬(後半)
丁稚三五郎:玉佳
舅五左衛門:玉也
紀の国屋小春:清十郎
倅勘太郎 玉延(前半)玉峻(後半)
五貫屋善六:玉 誉
  


「伊達娘恋緋鹿子だてむすめこいのひがのこ

「火の見櫓の段」

お七:三輪大夫/清志郎
お杉:南都大夫/清丈
武兵衛:津国大夫/寛太郎(前半)龍爾(後半)
弥作:靖大夫(前半)希大夫(後半)/清公
太左衛門:亘大夫/燕二郎(前半)清允(後半)
ツレ文字栄大夫

娘お七:紋臣(前半)簑紫郎(後半)
下女お杉:紋秀
武兵衛:文哉
丁稚弥作:紋吉
太左衛門:勘介(前半)玉路(後半)




ずらりと並ぶ人気演目、そして襲名披露口上と見逃せない四月公演をぜひご覧頂きたく
こころやでは四月十一日(土曜日)の昼の部(第一部)のツアーを開催致します
エントリーは改めましていたします、おそらくすぐ埋まってしまうのではないかと思われますが、皆様のお越しを心よりお待ち申しております
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2015-01-20 Tue 12:35 ∧top | under∨
<<3年ぶりに「赤札市」を開催致します | ・・・こころや日記・・・ | 長いもん赤いもん>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |