文楽と新年会、ありがとうございました

B60K-5dCQAAcy4s.jpg
いったいどのくらいの量なのでしょう、八升?一斗?
鏡割りをしたならば、たくさんのお善哉が出来るのでしょうね
お正月の文楽劇場は華やかです
お鏡、にらみ鯛、門松
当日は戎っさんの十日ですから宝恵籠に福娘まで来て、それはもう賑やかなこと限りなし
美しい大阪の昔ながらのお正月風景を堪能致しました

恋と忠義はいずれが重い
かけて思いは量りなや
忠と信のもののふに君が情と預けられ
静かに忍ぶ都をば跡に見捨てて旅立ちて
作らぬなりも義経の御行く末は難波津の波に揺られて漂いて
今は芳野と人づての噂を道の枝折(しおり)にて
大和路指して慕い行く


華やかな「道行初音旅」の曲にのって、紅白幕が振り落とされると舞台は見渡す限りの花の山々、そこに勘十郎さんの遣う静御前が立っております。その瞬間、客席からあまりの美しさにどよめきが

四季の壽、彦山権現誓助剣、千本桜の道行

どれも素敵なお芝居で堪能致しました、バックステージでは勘十郎さんのお芝居と人形のお話が大変興味深く
手の届く距離で、静をみたり、最後は静御前と握手会、嬉しかったです

attachcdrtyuklf851.jpg

1509139_10152961813795731_7510179313330173492_n.jpg

タクシーに分乗して「チルコロ」へ新年会
おびただしい本数の貴重な地酒が呑み放題「類は友ね」とお客さん、恐れ入ります・・・

10922430_642480022544888_3464056652936212165_n.jpg
塩梅よう漬かったキズシ

10917895_642465495879674_5685029221143515798_n.jpg
自家製の松前漬(イクラ入り)これがまた美味しいんです

宴もたけなわの内に、あみだくじとジャンケン大会でプレゼント(お客さんが、洒落たご祝儀を持って来て下さいました)、〆は恒例の大阪締めで、この一年のいやさかを祈念しお開き

大阪の呉服屋が大阪の楽しい事を発信して行こうとはじめた「大阪ディープツアー」も四年目になるでしょうか。これからも文楽はもちろん、色んな事をしてゆきたいと思いますので、どうぞ皆様、お気軽にご参加下さいますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます

そしてご参加下さった皆さん、心より感謝申し上げます
またお会い出来ますように、お待ち申し上げております
ありがとうございました

別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2015-01-13 Tue 16:41 ∧top | under∨
<<長いもん赤いもん | ・・・こころや日記・・・ | 成人おめでとうございます>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |