藝術の秋

いよいよ袷の季節になってまいりましたね

十月の季語は

秋の空、秋の雲、秋の山、秋風
初紅葉、薄紅葉
茸、稲雀、案山子、木の実、梨、柿
菊、荻、 栗、団栗、胡桃、銀杏、棗
稲刈、稲架、蜜柑、橙、蔦、鹿、猪


秋の色合いが溢れるようです
ついこないだまで麻のものを着ていたのが嘘のよう。いよいよ着物日和到来です、季語に散りばめられた色の数々を着物に見立てましょう

帯揚げ、帯〆、帯留、鼻緒に秋色も素敵ですね
お出掛けに絶好な季節、美しい秋を存分にお楽しみ下さい

金曜日は、お世話になっている六代目の笑福亭枝鶴師の独演会に伺いました

141017dokuenkai.jpg

今期初袷着用、暑いのではないかと覚悟しましたが、心地よかったです

1016483_1587006068194523_8494493312688019902_n.jpg
お客様と共に拝見、いづれも秋色コーデで

枝鶴師匠のらくだが素晴らしかった
大きい芸でした、三代のラクダが重なって見えました
あっと云う間の70分間、エエ会で感動致しました

10177485_729187320494709_3748501209889139081_n.jpg
藝術の秋はてぬぐいの秋でもあります
枝鶴師匠のてぬぐいをはじめ
十周年の記念の「わかもみぢ」手ぬぐい
踊りの会にお芝居、居酒屋さんから幼稚園の90周年、お目出度いお目出度いご襲名と様々です

昨日の日曜日は
我が家の菩提寺である壽法寺にて開催されました
その山村若峯菫芳恵師の会「わかもみぢ」に伺いました

10632606_729784370435004_706710510743787532_n.jpg

・地歌「芦刈」山村 若峯董芳恵
・落語「らくだ」笑福亭 生喬
・地歌「たぬき」菊寺 智子/菊萌 文子
・上方唄「三国一」山村 若峯董芳恵

一日明けての「らくだ」です、生喬さんは亡くなられた松喬さんのお弟子さん
その松喬さんはここ寿法寺に眠られています
寿法寺には代々の笑福亭松鶴の墓所もあり(思えば粉浜からあの世までのご縁です)
寺内には他にも桂や林家、三遊亭の噺家さんや俄、浄瑠璃の錚々たる大立者がいてはります
そんな中での「らくだ」ですから、泉下で聞いてはったと思います

ウチの墓もありますから、亡父に「何とかやってまっせ」とビール片手に近況報告を致しました
美しい実力派の山村若峯董芳恵師の舞を拝見しておりましたら
一人ではなく父と見ているような錯覚におちいりました

終演後、若住職の法話の中で「さまざまな思いが詰まった会」と云うのが印象に残ります
帰りはすっかり暮れておりましたが、参道に灯りを燈して下さったのが幻想的でした

aey13eu.jpg

立て続けにエエ会を拝見出来て喜んでおります、眼の福、耳の福

帰りは四天王寺さんの境内を通って帰りました
ハルカスと五重塔

fjugsf84.jpg




別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2014-10-20 Mon 13:22 ∧top | under∨
<<旅文様台北噺 一段目 | ・・・こころや日記・・・ | 秋らしゅうなりました>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |