こころやさしい・キモノトリエット~住吉っさんのこと

さて、地元のお宮さん大阪の一の宮、住吉大社、大阪弁ではすみよっさん
今は遥か向こうに南港がありますが、昔は鳥居前のチンチン電車の街道筋の辺りまで迫り
天然の入江の良港で「住吉津」という国際港
太鼓橋の池も、その入江の名残やとか
a0045381_7293078.jpg

遣隋使や遣唐使、小野妹子や最澄と錚々たる人々がここから旅立って行ったと思うとロマンチックですね
上海万博の時に遣唐使船が復元され、住吉の神主さんらも昔をしのび中国へ行かれました、旗を調製させて頂いたんですけれども、まさに時空を超えた悠久の歴史であります
52744_400.jpg

我がコハマも、名の通り浜で
粉のような砂浜やった事から粉浜、大社の木材を置く浜やから木浜との説がありますが
商店街の改装で地面を掘った折「真っ白な砂が出てきたんや」と長老から聞けば、そこはやはり白砂青松の浜があったと思いたい、実際私も貝の化石を発掘したことがあります

江戸時代には新田開発の影響で浜は遠くになりましたが、それでも歩いて潮干狩りが行けるほどやったそうで
その名残の灯台「高灯篭」が国道26号線沿いにあります
hn826fhtn.jpg
高灯篭の道路を挟んで向かい大阪で最古の住吉公園は元は住吉大社の境内でした
中央を通るこの道はそして「潮掛道」と申します
54684dfkjr68.jpg

住吉の本宮は四つ
e47cfa1d7e83f159a38c5fc619b5781c.jpg
その配列はオリオン座の三ツ星の神格化との説もあり
逆に三つ星を「住吉さん」と呼ぶ地方もあるとか
frohte111111555.png
説の真偽は別として、海の神様として壮大でロマンチックですね
くだんの遣唐使船もこのお宮の並び方で大陸に向かったそうです

ちなみにお宮の建築様式は「住吉造」と申しまして
古い時代の形式を今に伝え
本殿四棟は大阪市内唯一の国宝建造物であります

とまぁ、ここまではマニュアル通りの住吉案内
お話は変わりまして

御垣内では神主さん達が、地元や大阪の事を一生懸命考えてお仕えをしてはります
同年代の方もいてはるので呑む事もあり遊ぶこともある中で
地元の事と仕事のはなしでお互い延々と...もしばしば
御用を勤めるただの一業者ですけれども
僭越なようですが、そんな熱い同世代の仲間がいる幸せにひたれるのです

そんな神主さんたち、初詣や夏祭りの大活躍はもちろん
無私でたゆまぬお仕えと、大阪らしい大らかで豊かなサービス精神で
年々人気になっておりますのが

5254684981.jpg
 「初辰まいり」 であります
4年前のブログで初辰詣りの事をちょこっと、よろしければご覧ください

以下は住吉っさんのホームページから引用させて頂きました

商売発達のために遠方から訪れる人も多く、早朝から大勢の参拝客でたいへんにぎわいます。種貸社、楠珺社、浅沢社、大歳社の四社をそれぞれにお参りするのが慣わしとなっています。
初辰とは、毎月最初の辰の日のことです。
この日に参拝すれば、より一層力を与えて守り助けてもらえると信仰されています。
そして4年を一区切りとして、48回参拝すれば、満願成就となります。
これは、四十八辰、つまり始終発達するという意味からきたもので、4年間月参りを続けられるというのは、それだけ無事発達していることでもあります。



tjagksh.jpg
勝手に「トトロの木」と呼んでいる(いえきっといます)楠珺社の樹齢千年以上の巨木

ifh84s945tj1.jpg
初辰猫で有名な楠珺社

ytachuk684514.jpg
新しく立て替えて綺麗な綺麗な種貸社(真ん中左にこころや提灯があります)

四つの大きなお宮をとりかこむように、この四柱のお社をはじめ
いろんな神様が鎮座してはるのが住吉さんの特徴です
初辰さんだけではなく、そんな周囲をゆるゆると巡るのも、また一興かと存じます

ちなみにイベント期間中10月12日(日曜日)は初辰まいりの日です
当日、境内は植木市や、地元の名物販売会、大阪野菜の販売コーナーなどもあり賑やかで楽しいですよ

ちなみに私の好きな場所はこちら大海神社
htbhdvjt185601.jpg
境内の古風で素朴な雰囲気が神々しいんです
またここの重要文化財の門から西の海の方を眺めるのが好きなんです
hloeno86186.jpg
右手側が自然のままの崖になっているんですが
上町台地の古代のままの姿なんですね

大阪市内では珍しい、というかココだけかもしれません
参拝客も少ないこの場所に立って、想像をかきたてれば
潮騒まで聞こえてきそうで古代人になって唐まで行けそうな気持ちになります
境内には「玉の井」という古い井戸があり
古事記の海幸山幸神話に登場する潮満珠が沈んでいると云う古い古い伝承もあるんです

難波から南海電車で10分足らず
天王寺からはチンチン電車でのんびり15分
都会の真ん中に、ぽっかりとそんなお伽の世界が残っているエアポケットな界隈であります

さて、次はおいしいもんのご紹介でも

「こころやさしい・キモノトリエット」

201410omotel.jpg
201410ural.jpg

CHAI-SHOP ◆ トリエ ◆ こころや

粉浜のこころやで三人展を開きます
みなさんの着物生活をふわりとあたたかく
どうぞお楽しみに
2014.10.10(金)~14(火)


別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2014-09-24 Wed 14:55 ∧top | under∨
<<こころやさしい・キモノトリエット~捨松さんの帯 | ・・・こころや日記・・・ | こころやさしい・キモノトリエット~CHAI-SHOPさんのこと>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |