今度の金曜日からの「三人展」への想いをば

3月の21日(春分の日の金曜日)から24(月曜日)まで
粉浜商店街の「こころや」店内にて開催の

こころや・waurara・ウエダテルオ 三人展

omote20140321.jpg




店を継いで以来、下町の呉服屋として同世代の皆さんと向き合いたい、キモノは遠いものじゃなくて、身近なファッションのアイテムの一つやってことを知ってもらいたいと、てぬぐいを染めたり、ユカタを研究してみたり、試行錯誤の日々に出会ったのが伊勢木綿でした。想いを共有したくて伊勢の津の工場に何度も足を運びました、明治時代のイキモノのような織機は、ふうわりと柔らかい手織のような風合いの生地を織りだします、効率一辺倒やない先人の知恵と技術に感動しました。そして織元の臼井さんは古くからの縞帳をベースにカラフルな色糸を使い、モダーンな柄ゆきの作品を作られています

織良し、色柄良し、風合い着姿良しそしてお手軽価格
そんな三拍子も四拍子も揃った伊勢木綿に出会った時の嬉しさ
皆さんにご覧頂きたくて「伊勢木綿とかわいいコモノたち」展を開いたのが五年前の事でした

ご自分のサイズで誂えてもらって、誂えの良さを知ってもらいたかったので
敢えてプレタにせず、おためし価格でもって安く仕立てをさせてもらいました
仕立て上げても三万円少し(当時)に設定しました

おなじみ東風杏の三品さんや、すずめのトランクのマカリンさんとの出会いはこの時です
幅広い世代のお客様が来て下さってお陰様で大盛況
伊勢木綿が皆さんとのご縁をつないでくれた、こころやにとっては大事な大事な存在であります

少しづつ集めて、いまでは常時50反以上のコレクションになってしまいました。ここ最近は「音色展」など、正絹物メインのイベントが多くなりましたので、あえてまた今、初心に帰るという意味も、そして改めて伊勢木綿の良さを知ってもらいたいという気持ちと、これからキモノをはじめてくださる皆さんに、どこからどうして良いのか悩んでらっしゃる皆さんに、こんなのもあるんですよと、知っていただきたいとの思いから、今回は「伊勢木綿」を前に出します

もちろん「伊勢木綿はもうたくさんあるから」という皆さんにも楽しんでいただけるように
消費税up前のクリアランスセールも同時開催!
こころやが安くする時は半端やおまへん。ずざざざざーっと、さらえてみせます




でもって
●かわいい結び帯の「WA urara わうらら」さんの帯もやってまいります

obi106-l1.jpg

obi103-l1.jpg

obi002-m2.jpg

obi001-m3.jpg

可愛いでしょう、結び帯ですけれど立体感が豊かなのが特色です

・結び方は至極簡単、はじめてキモノの方も、熟練やけれどちょちょっと着たい方にも便利です

・巻く生地と結ぶ部分がリバーシブル&セパレート
一粒で二度美味しいですし、結び方を簡単にアレンジできます

・NYデザインのインポートコットン使用(テキスタイルデザイナー、Hoodieのデザイン)しています
やっぱりかわいくなければ便利でも意味がありませんもんね

・縫製は内で丁寧に手作り、もちろんLサイズもご用意。

そんな美味しい「うらら帯」が粉浜にやってまいります
アメリカのファブリックの華やかさと可愛らしい柄に惚れました
作り帯ってどうもムムム...なのが多いやないですか
これはほんとに立体的で簡単で、柄が可愛い
まだ帯に慣れていない方、慣れててもちょっと楽したい皆さんに是非お試し頂きたいんです
結び方ワークショップも随時開催致しますから、ぜひご覧くださいね




そして
●三年ぶりの「ウエダテルオ」さんの彫金作品と人形たち

シルバーアクセサリーのデザインをしている妹がずうっとお世話になっていたご縁がつながっています
五年ぶりに開催させてもらいます

10575054_o1.jpg

おなじみウチの、このてぬぐい
地味ぃぃぃぃに良く売れます、季節問わずじわじわじわじわ売れます
これを作ってくれはったのが「ウエダテルオ」さんです

20100411_1746816.jpg

f0156861_1551368.jpg

こんなウエダさんが作る哀愁漂う人形たちが

32722411_o2.jpg

こうなるわけです...

ウエダセンセは彫金のセンセでもありジュエリーのデザイナーさんです

DSCN0918_convert_20101129175244.jpg
かっこいいでしょ、オリジナルの帯留もこしらえてもらったことあるんですよ

最近はこんな帯留をこしらえはりました
s-DSCN2667.jpg

s-DSCN2661.jpg

生まれたときから着物にどっぷりの僕には到底真似のできない空気感があるんです
新町あたりのバールやカフェに連れってもらってクリエーターさん達とお話をさせてもらった事もあります
ついつい狭い業界内向きになってしまいがちなので本当に新鮮でした
僕にとっては風穴のような存在のセンセです
この匂いを皆さんに楽しんでもらいたいなぁと思って、久しぶりに展示さしてもらいます




いつもとは趣向を変えつつ、こころやらしく
敷居を削ってお待ちしています

決して入りにくい雰囲気やありません、商店街の中に埋もれているような呉服屋です
はじめての皆さんにも楽しんでいただけますように
わからない事を聞きに来てくださるだけでも嬉しいです
どうぞお気軽にお待ちしております

そしていつもお世話になっている皆さんも是非遊びにいらして下さい
テンションが上がるようなアイテムをご用意いたしております
「こころやさん、これなんぼまで下げてくれんの?」大歓迎です
笑って帰ってもらってなんぼですから

長文失礼致しました






別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2014-03-15 Sat 12:08 ∧top | under∨
<<【近江 新之助とその仲間たち 2014】出展のため、月末はお江戸に伺います | ・・・こころや日記・・・ | ココロヤのこれからのスケジュールをば(4月分)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |