京がえり

コレクトポイントさんのてぬぐい、結局手伝ってもらわずに一人で畳んでいます。手伝ってもらった方が早いのに、自分でやらな気がすまへんところがあって。。。

出世しませんわ、大所高所から指示して動いてもらうのも店主の甲斐性やと思うんですけど、人間が小さいんでしょうねぇ。

畳むのは、どうも一日五百枚強がえぇとこです、いま京都からの帰りの車中なんですが、帰ったら残り六百枚を畳んでしまおうと思っています。

キタとミナミを通って粉浜に帰るわけですが、こんなえぇ時間、飲み屋の暖簾をくぐらずに帰るなんて、後ろ髪を引かれる思いです、でも酒は無事納めるまで控えようと思います。

午後から京都へ上がりました。
大変お世話になっている高名な染織作家さんのもとに、別誂えの衣裳の打ち合わせのためです。

キモノは、デザインが大切です。より美しく表現するためには、生地の性質、裁断して仕立てた時の柄の出方、色の見え方、様々な要素に心を砕かないといけない。

そうおっしゃって、色々な考え方を微に入り細をうがち全て教えて下さいます。

目から鱗、感動することがたくさんあって、一生の宝物です。
本当にありがたい事です。

帰りはアトリエのある堀川今出川から烏丸御池まで車で送って下さいました。
しばらく手拭畳みで引き込もっていたので、雨が上がり、すっかり日が伸びてまだ薄暮だったのを幸い四条河原町まで歩きました。

町家を観察し、「細辻伊兵衛」さんで風呂敷や手拭いを見、呉服屋の最高峰「ゑり善」さんを覗きました。刺激的です。
僕も負けずにえぇ店にしやなと思うんです。
別窓 | 徒然 | コメント:0 | トラックバック:0
2010-02-15 Mon 18:35 ∧top | under∨
<<大阪の華 | ・・・こころや日記・・・ | 烏丸二条>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |