小千谷縮

「越後潟 お國名物は様々あれど 田舎なまりのの片言まじり しらうさになる言の葉を 雁のたよりに届けてほしや 小千谷ちぢみのどこやらが 見え透く國のならひにや」

長唄「越後獅子」の一節です

ちょうど200年前の文化8年(1811)、九代目杵屋文左衛門が作曲し、いまでも高い人気を誇る名曲です

そしてそのころから越後と云えば「小千谷ちぢみ」やったんですね

涼しげな透け加減、雪の中に晒すことによってかもしだされる清涼感
麻の軽やかな風合いと実用性

通気性の良さ、手洗いができる手軽さ、見た目の美しさ、お手頃な価格

200年まえも今も変わらぬ人気を博している小千谷縮

日差しの強い夏の日の小千谷姿の素敵さは、もう見ているだけでうっとりします

小千谷縮

小千谷縮

小千谷縮

どれでも税込39900円です、お祭りなのでお値打ち価格にしています
お仕立て代は15750円
夏に向けていかがですか?
触って、当てて目の正月をして頂ければと思います


小千谷縮

小千谷縮

これは本麻の小千谷の九寸名古屋帯、夏芯を入れて仕上げます
マルチカラーがさりげなく入っているところが気に入って、もらって来ました
仕立て上がりで39900円(税込)かなり値打ちがあると思いますよ


2011042513540000.jpg

ちなみにこれは店頭のマネキンに着せてある、小千谷の男物
実は全部僕のです
着物は50年前に父がこしらえたものです、すこし変色してきたので洗い張りして、黄色く染め替えて仕立てなおしました
今でも現役です、和装ってかなり長く着れるように出来ています、そういうところも好きなところのヒトツです

夏らしく、風通紗の黒羽織に夏の羽織紐、羅の帯を合わせました
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2011-04-29 Fri 14:24 ∧top | under∨
<<カメノテ | ・・・こころや日記・・・ | 臨時営業>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |