粉浜の蜆

住吉乃 粉濱之四時美 開藻不見 隠耳哉 戀度南
すみよしの こはまのしじみ あけもみず しのびてのみや こいわたりなむ
(住吉の粉浜のしじみがふたを閉じてるように、忍ぶだけで、恋い続けるんやろか)

万葉集にあります
天平六年(西暦734年)三月、聖武天皇さんが大阪に来はった時に、誰かが読みはった歌やそうです
今から1276年前の今頃の出来事です

粉浜商店街のあたりがちょうどそうやったみたいですよ
真っ白な粉のような浜が続いてたので「粉浜」と云うそうです
いま海は南港のずっと向こうにありますが

住吉っさんから西を望めば、目の前が白砂青松のそら美しい景色やったそうで
大和絵や着物の意匠で、そんな美しい景色の事を「住吉文様」と云います

京の老舗呉服問屋の千總さんのコレクション、白麻地御車松住吉文様帷子(今から200年前の江戸時代の作)です。
波と青松、余白で白砂を表現してはります、美しい。

かたびら




別窓 | 徒然 | コメント:2 | トラックバック:0
2011-03-28 Mon 14:04 ∧top | under∨
<<リリヤン | ・・・こころや日記・・・ | もうすぐ>>

この記事のコメント

わぁ。地の白に藍一色ですか。
揚巻の湯呑みの染付けみたいo(^-^)o
2011-03-28 Mon 20:27 | URL | かしぽん #-[ 内容変更]
かしぽんさんコメントありがとうございます
美しいですねぇ着物
昔の人の手仕事はすごいと思いますよ、本当に
2011-04-01 Fri 23:52 | URL | ココロヤ #L1x6umnE[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |