はまぐり

お雛さんの時にはつきものの「蛤のおつい」
京の料亭さんに教えてもらった、我が家のレシピです(4人前)

ハマグリ、大きいのなら一人2つくらい、小さいのなら3つくらい
お酒150cc、おこぶお好みの大きさ(うちはけっこう大きめなのを入れます)

お酒150ccと同じ量のお水を鍋に入れて、おこぶを入れておこぶをふやかします

ふやけたら弱火から中火でおこぶのダシをゆっくり出して、沸騰前におこぶは取り出します

おこぶと入れ違いにハマグリをいれて、強火にしてガーッて蛤を茹でます

蛤のふたがあいたら、実ぃの柔らかいのが好きな方はすぐ取り出して、
ちょっと濃厚なお汁にしたければ、もう少し茹でて蛤を取り出します(でも実が堅くなります)

美味しいだしのベースができました

これをお水で薄めます、薄味がお好みの方は、お酒の5倍のお水(750cc)
蛤の味が濃厚なのがお好きな方は、お酒の3倍(450cc)~4倍(600cc)のお水を入れます
味は見ながら加減してくださいね
もう一度沸騰させて、アクを取り、お塩で味付けをして出来上がりです

お椀に蛤を入れ、熱々のおついを張って、あしらいはウド良し、菜の花良し、木の芽良し
ほんの少うし胡椒を振ったり、山椒の粉を振ったりする時もあります

結構カンタンで、でも蛤のイイお出汁がとれるし、教えてもらってからはずっとこのやり方なんですよ
別窓 | 徒然 | コメント:2 | トラックバック:0
2011-03-06 Sun 15:41 ∧top | under∨
<<オープン | ・・・こころや日記・・・ | 時代考証>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-03-09 Wed 16:40 | | #[ 内容変更]

ようこそお越しくださいました!!!
12日楽しみにいたしておりまする。
こないだも見せて頂きましたよ、えらいようさん映ってはりましたねぇ
あやかりたいですよぅ
2011-03-09 Wed 18:46 | URL | ココロヤ #L1x6umnE[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |