京へ仕入

昨日は京へ仕入。

見たら欲しなりますねん。

日暮れまでたっぷり見させてもろて、阪急で梅田まで。
どっかで呑みたいなぁと思案、一軒のお店が頭に浮かびました。

「ちりとてちん」

桃葉さんに紹介してもろたんです。
桃葉さんもブログに書いてはります。

このブログ

このブログ

以下は伺った時の私のツイッターのつぶやきです。



ちりとてちんなう。ここの女将は社会人落語日本一です。付出しのれそれ、鰯の刺身がピカピカです。まずは秋鹿。




引き続き、白子の一味焼に氷魚の天麩羅。氷魚の天麩羅にはこごみとふきのとうが入っていて盛りだくさん、値打ちおます、酒は獺祭、田酒、しらぎく、熱々を頂きます。




帰りの車中なう。盛りが多うてお腹いっぱい。まるで吃又のようなお二人。職人気質な大将の正直なお料理に時間を忘れました。14日か15日のどちらか「隣の人間国宝さん」に出はるらしいですよ




そんなつぶやきで、まぁ相変わらず料理の写真は撮ってませんけれど、美味しかったです。

別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2011-02-05 Sat 18:26 ∧top | under∨
<<さし渡し | ・・・こころや日記・・・ | 芝居日記>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |