ねんねこ

洋花柄の銘仙

乱菊柄の銘仙

五十年くらい前に、お客さんが買ってくれはった銘仙です。
何てポップで可愛いいんでしょう。
高度経済成長の頃の柄です。
希望に溢れるデザインです。
かなりヘビーに着はったもののようですが、丁寧に着てはったので生地はまだまだ現役。
ひ孫さんのためにと、これを「ねんねこ」にしはります。
ちょっと贅沢をして真綿(絹の綿)を入れます。
びっくりするくらい軽くて暖かいんですよ、真綿って。
衿には上等の別珍(ビロード)を付けます。

古くからの仕立屋さんが縫ってくれはります。
今は中々ねんねこ姿って見ませんけれど、えぇもんですよ。
ぬくいですねん、ほんでこれが。

好っきゃわぁ。
こんなん大好きです。嬉しゅうなります。

別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2010-01-23 Sat 16:37 ∧top | under∨
<<押し掛け | ・・・こころや日記・・・ | 上田先生>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |