およばれ

Mさんご夫妻の元へおよばれ。

商店街で手みやげを調達(すぐき、タネなしの皮ぐち食べられる葡萄、バラバラですけどオススメやって云うてくれはったので、こないなりました)してお伺い。

可愛いネコがお出迎え、とっても人懐っこいそうですが僕はいっつも嫌われるんです。
犬にはとっても好かれるのに、どうも微妙な距離感がわかりません。
ムツゴロウ先生みたいに「ヨーシヨーシ」ってワシャワシャやったらアカンみたいですね。
そんなこんなで写真は撮れずじまい。

食通のご夫妻のお酒とお料理はおいしい、しっかりした味、あっさりした味、素材の味、香辛料の香り、お料理全体でバランスとメリハリを考えてはって、職人さんのようです。

ミナミは三津寺太左衛門を東に入ったところの銘酒舗「勘十里」を紹介してくれはったお酒好きの旦那さんだけに、お酒のチョイスも粋で、清酒、焼酎、ワインと豪遊気分で楽しませてもらいました。

お料理
白菜と鶏団子の炊いたん、セリの香りが効いていました。お団子の中に隠し味が、旨味と香りが閉じ込められていました。

お料理2
蓮根のピックルス、ラズベリー酢で漬けはったそう、甘い良い香りがしました、赤い胡椒がカワイイ。

お料理3
五色なます(セリ、キクラゲ、大根、人参、柚子)これさえあったらお酒なんぼでも呑めますねん。

お料理4
特製のスペアリブ。焼けたての香ばしいこと。

お造りに、九条ねぎとお揚げさんの炊いたん、その他色々。。。。。
話が弾み、お酒がすすみ、とっぷりと夜が更けてゆきました。






別窓 | お酒 | コメント:0 | トラックバック:0
2011-01-24 Mon 11:55 ∧top | under∨
<<コロッケ | ・・・こころや日記・・・ | 初春文楽>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |