新年会へ

大阪の呉服組合の初役員会&新年互礼会@太閤園へ行って来ました。

会場


祖父を知るような大先輩もおられます、父とよぅ遊んでくれはった先輩方もようけおらはります。
頭が上がりません。

出席はもちろん着物で。
やっぱり若輩者は派手なカッコは出来ひんので、
焦茶の亀甲紬に黒紬の羽織、半襟と羽織紐と帯を地味な緑系でまとめました。
黒足袋に黒革草履。
目立たぬように目立たぬように。

参加者は全員キモノ。
男キモノだらけです。
本結城、コンマルキの泥大島、本塩澤、別機の博多に西陣、年季の入ったのん着てはります、えぇ味です。
とある大先輩は3ミリ四方の升の中に名字をびっしり織り込んだ(亀甲大島の亀甲の中に名前が書いてあるイメージ)お召しを着てはりました。機屋がやめて織れなくなった珍しいものです、すごいなぁ。

珍しく写真を撮ってみました。
お料理の一部をば。

八寸
お正月らしい八寸。

お造り
お造り

煮物椀
紅白の蛤新蒸の煮物椀。

あとは、サシツササレツするうちに撮れなくなりました。。。
しかし太閤園の本館は重厚ですねぇ。
父と母が結婚式を挙げた場所です。
もちろん僕はその時の事は知りません。
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2011-01-13 Thu 19:01 ∧top | under∨
<<いきなり | ・・・こころや日記・・・ | 衣裳文庫>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |