FC2ブログ

こころや「初春文楽鑑賞会」を開催しました。

初春文楽鑑賞会、第三部。
開催いたしました。

妹背山婦女庭訓、お三輪は勘十郎さん。
開演前にお話をたっぷりと、お三輪のかいらしこと。

137312759_3938888352812153_1824448007832737394_o.jpg

136963514_3938888356145486_5465938494846737509_o.jpg

妹背山婦女庭訓のお三輪ちゃんは、段鹿の子の着物に、だらりの帯、お花畑のような髪飾りをたくさん付けて、ホントに可愛らしいです。

上方の大きな商家のお嬢ちゃんの風を写したそうですけど、こんな無垢な子が恋をして裏切られていじめられるのが、妹背山は好きな浄瑠璃ですけれども胸が痛むのです。

137559833_3940509889316666_7484814850749120912_o.jpg

138043434_3940509885983333_3360731754175174210_o.jpg


首から背中に垂らしているのは「襟袈裟」と言うもの、上方のみの風習で、幼いお嬢さんらがつけるもので、つと(関東では鬢.びん)の油が襟につかないようにカバーの役目を果たしていたのが、鈴がついて鳴ることでいわゆるGPS(勘十郎さん談)にもなり、装飾的に昇華されたものやそうで、これがまたかなり可愛らしいので、十三詣りの晴れ着に復活せえへんかなと、妄想したり。

次は四月(今のところ四月十日の予定です)にまた開催致します。
客席は昨今のこんな状況ゆえ土曜日やのに少なかったですけれど、鑑賞会は文楽の公演がある限りやって行きます
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2021-01-10 Sun 17:47 ∧top | under∨
| こころや日記 | 本日与利令和三年初賣仕候>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こころや日記 |