光陰如矢

早いですねぇ、もう師走です。

朝から、住吉っさんにお朔日詣り。
反橋前の参道では住吉警察師走恒例の歳末出陣式、一糸乱れぬ隊列。
僕にはあんなこと無理ですわ。

先日、大変お世話になっている「六代目笑福亭枝鶴」師匠の襲名披露興行に、讃州は琴平の金毘羅大芝居まで遠征をしてきました。

口上

開口一番は銀瓶さんの「子ほめ」
鶴瓶師匠「堪忍袋」
松枝師匠「替り目」

そして三代目春團治師匠の「祝熨斗」
神々しいお姿に、泣いてはるかたもおられてびっくりしました。
高座に立たれるなり「ご当地初お目見得でございます、何卒宜しくお願い申し上げます」で拍手、
羽織をシュッ!で拍手。
格好良過ぎです。

仲入後、 口上、舞台下手より、銀瓶さん、鶴瓶師匠、福笑師匠、六代目枝鶴師匠、春團治師匠、松枝師匠。
文楽座とは打って変わった、くだけまくりの口上で笑いの渦。

福笑師匠の「宿屋婆」、これが凄かった。

そして六代目枝鶴師匠の「竹ノ水仙」。
チャリンと揚幕が開いて、花道からお出まし、万雷の拍手に「六代目!」のかけ声。
風情のある小屋と熱い空気が一体になって、なんとも良い雰囲気。

遠征して本当に良かったです。

次は年明け、正月八日の金沢は石川県立音楽堂での襲名披露興行。
金沢の「OJICO」に仕事で行くので、これもまた遠征が決定です。

おめでたいお屠蘇気分の松の内におめでたい襲名披露、初笑いにどうぞ晴着でお出まし下さい。



帰り道、「やまうちうどん」と言うところに立ち寄り「しょうゆうどん」を食べました、美味しゅうて驚きました、もっともっと人気のあるうどん屋さんはもっと美味しいのですか?
目から鱗でした、うどんは大阪やと思ってたのに。
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2010-12-01 Wed 17:20 ∧top | under∨
<<はんてん | ・・・こころや日記・・・ | 紅葉狩り>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |