FC2ブログ

注染ゆかた「小倉充子展・草花と絵羽」

小倉充子展でご覧いただくもののご紹介、

今回は「注染ゆかた」

61546901_2504988819535454_7253092181072674816_n.jpg
・東京ステイション

61165862_2504988846202118_8832208788019740672_n.jpg
・花札五段目

61334456_2504988876202115_8609926964683210752_n.jpg
・はしご縞

61613645_2504988882868781_8761399710909988864_n.jpg
・なまずかまわぬ

61220419_2504988932868776_1039319276030263296_n.jpg
・台所妖怪

図案の中に粗密と流れるような構図があるのが充子さんのゆかたの特徴です。

反物の状態で見ますと、当然絵が目に入りますけれども、うまく柄合わせをして仕立てると(これがとても骨折りで難しいのですが)粗密と大きな流れが前面に出てきて、大胆で流麗そして奥行き感のある着姿になります。

「奥行き」着物の着こなしポイントの一つで、立体感のあるコーデは、男っぷり、女っぷりが上がるんですよ。


「小倉充子展・草花と絵羽」


日時:2019年6月1日(土)から3日(月)
10時30分から18時30分

場所:粉浜商店街、こころや店内

出展:手染め絵羽の木綿着物、帯、浴衣、手拭、下駄。


こころやは、十月に新しくなります。改装前の棹尾を飾る催しです。

今の昭和な店舗も名残を記念、会期中は東京より烏山結貴さんも来店され、小倉充子さんの作品の空気感に呼応した「なげいれ花」を生けて下さいます。そちらも合わせて愛でて頂けましたら。

61500466_2305072629572829_8363022896997597184_n.jpg

写真は東京展でのスナップ、開催は下町は粉浜商店街のこころや店内ですから、もっとベタな雰囲気になりますが気楽で距離近めでお楽しみいただけるかと思います。


皆様のお越しをお待ちしております。

201906mitsuL.jpg 201906uraL.jpg


別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2019-05-29 Wed 21:58 ∧top | under∨
<<あさってから「小倉充子展・草花と絵羽」 | こころや日記 | 手ぬぐいと一切合切袋「小倉充子展・草花と絵羽」>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こころや日記 |