FC2ブログ

7月27日(土)14時から、文楽鑑賞会「忠臣蔵の五、六、七段目」

お席定員になりました!
ありがとうございます!!



宝塚といえばベルばら、芝居といえば忠臣蔵、華やかな劇場と舞台をどうぞご堪能ください。
「文楽」ってこんなに面白かったんや、ってこれをきっかけにハマる方もおられて、とても嬉しいんです。
ph_about_02.jpg
大阪の誇る素敵な芸能です、見て、知って、楽しんで頂ければと思います。はじめての方でもイヤホンガイド、字幕があり楽しめます。
桐竹勘十郎師による「文楽人形の解説」もございます。より一層身近に感じられ、面白さが倍増いたしますよ。
49506432_2093205020759592_5383460004789485568_n.jpg
夏休み文楽特別公演の第二部(14時開演)の観劇を、
平成31年7月27日(土曜日)に開催致します 
演目は
通し狂言・仮名手本忠臣蔵 (かなでほんちゅうしんぐら)
五段目 山崎街道出合いの段
二つ玉の段
六段目 身売りの段
早野勘平腹切の段
七段目 祇園一力茶屋の段
配役はこちら
1907_haiyaku_omote2.jpg 1907arasuji_ura.jpg 1907_haiyaku_ura.jpg



 「こころや夏休み文楽鑑賞会」 
開催日:2019年7月27日(土曜日)
集合:国立文楽劇場1階ロビーにて(一階入口正面付近にこころやコーナーがございます)
★勘十郎さんのお話の会、開演前か開演後か現在調整中、詳細はご参加の皆さんにお知らせします。

行程:14:00よりの観劇(終演17時40分ころ)
料金は一等席6200円(開演前に頂きます、個別にメールにてご案内申し上げます)
開演前、あるいは終演後、桐竹勘十郎師による文楽の解説(30分)
定員に達し次第締め切りとさせて頂きます
どうぞお早めにお申込を
また、チケット手配の関係上キャンセルはできません、ご了承下さいませ


お申し込みはこちらからどうぞ
お申し込みの際には
「お名前」
「ご住所」
「携帯などのご連絡先」
どうぞ宜しくお願い致します
そして「お問合せ」はこちらへお願い申し上げます。

もちろん洋服でも問題ありませんし、浴衣、新之助上布、墨流し、夏着物どれも楽しいですねぇ。終演時間はちょうど良い時間、そのままミナミで冷たいビールも素敵やと思います。
皆さまのご参加を心からお待ちしております!
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2019-05-21 Tue 17:45 ∧top | under∨
<<現店舗の棹尾を飾る「小倉充子展・草花と絵羽」 | こころや日記 | 現店舗の棹尾を飾る「小倉充子展・草花と絵羽」>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こころや日記 |