FC2ブログ

振袖のお手入れ

成人式も終わりましたね。

母(74)も振袖の着付けで当日はクタクタのようでした。「楽やし着崩れないから」と数名様よりご指名があり、張り切っておりました。
息子の私が言うのもなんですが上手い、芸歴と言うか年の功というか、例えて言えば、おばあちゃんのおにぎりでしょうか。

お召しなった振袖は、もうお召しになられないようでしたらお手入れをして、しまってください。

今日の大阪は暖かくてうららかな快晴、ちょうど今日のような晴れて乾燥した時に、帯、襦袢、振袖、帯締め、帯揚げはハンガーに吊るして、半日ほど陰干しを。

襦袢の半襟は外して洗いましょう、肌着は洗濯機に。

仕舞われる前に、汚れがないかチェックをどうぞ。襟と袖口はしっかりと、当日は晴れましたから雨シミの心配はないですが、お酒をこぼした記憶、食べこぼしはないですか?あれば汚れたところだけシミ抜きをして下さい。

汗をたくさんかかれたようならば、汗抜きを、けれど、この時期なのであまり心配はいりません、肌着までで汗は止まっていると思います。

シミがなければ畳んでタンスに。
昔からの決まりごとで、礼装からタンスの上にしまいます、普段着は下の方です。これは上の方ほど湿度が低いからと言うことだと思います。また、ウールと絹は別にした方が良いと言います。

振袖を大事にするあまり、たくさんの紙で包んでいる場合は、かえって湿気がこもりますので文庫紙だけで充分です。
箔がたくさん使われているようでしたら、紙だとくっついてしまう事もあるので、サラシ布で保護してあげてくださいね。

こころやでもシミ抜きを承っております、お気軽にご利用下さい。

49853190_2294773303890341_7675457521204592640_n.jpg

別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2019-01-19 Sat 11:46 ∧top | under∨
<<新之助上布 を迎えに。 | こころや日記 | 文楽鑑賞会を開催しました>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こころや日記 |