FC2ブログ

旅と着物


旅のおり、着物を運ばれるならば嵩張りますが、文庫紙に入れられた方が、為に良いと思います。
また、トランクに入れられる場合、半分に折った山を上にすると、着物がずれて落ちる事がありません。

47235506_2224897337544605_4481517370845691904_n.jpg


文庫紙は「湿気を呼ぶからいけない」と言われる方もおられます、桐箪笥に直に着物を収納して本鬱金染で包むのが、確かにベストなのでしょうが、私はズボラなので、重ねた着物を皺にせずに出し入れする事ができません。寄った皺を伸ばすのも億劫ですから、文庫紙に入れて収納しています。

文庫紙はシンプルなものが良いようです、ウチは和紙を使っています、中の薄紙は入れていません。

変色やカビのお手入れを持って来られる方の中には、大事になさるあまり、幾重にも薄紙や中紙を重ねられられてる方がおられます。やはり通気性は大事なのやと思います。

話は戻りますが、跡を継ぎたてのころ「袋に文庫紙を畳んで入れる時、山を上にせな持って帰りはる時にズレて皺になる」と言われたのが印象に残っています。ちょっとした心掛けと心遣いて大事やなと思いましたっけ。
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2018-12-03 Mon 13:23 ∧top | under∨
<<こころや忘年会〜お茶屋遊び編 | ・・・こころや日記・・・ | 小倉充子〜干支の手ぬぐい入荷〜鴨川志野>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ・・・こころや日記・・・ |