FC2ブログ

浴衣の生地「コーマ」と「特岡」

浴衣を染める木綿生地は、いわゆる「晒・さらし」です。
晒の中にも、太い糸で織った「文生地」、細い糸で織った「岡生地」があり、とりわけ、目が詰んでいるの生地を「特岡」と言いまして、染めが鮮やかで、糸が細いのでサラリとしなやかなところから、浴衣と言えば「特岡」が全盛でありました。

今は「コーマ」にその地位を取って変わられています、古い話ではありません、つい最近のことです。

これが「特岡生地」
ouht6fr4e.jpg

これが「コーマ生地」
dt8redtht.jpg

違いがわかりますか?
目の詰みようも、織り方も同じです。
違いは「糸」なんです、30番手でもって糸の細さも同じなのですが、処理の仕方が違うのです。

特岡生地は「カード糸」を使い、
コーマ生地は「コーマ糸」を使っています。

「カード糸」はごく普通の木綿糸で若干の凹凸のある、素朴な糸です。

「コーマ糸」はカード糸をコーマ(櫛)を使って、短かい繊維の除去と繊維の平行度をより良くする工程を経た高級糸です。

特岡生地は、晒の中では最高級ですが、カード糸のざっくりした風合いがあります。

コーマ生地は、コーマ糸を使っていますから、比べると艶があり、生地面がより一層平滑なところから、染め上がりがより美しいのが特長です。

ただ、見た目が良いから全てが良いわけでもありません。

実は、特岡地の、コーマと比べれば、ほんのわずかな凹凸や節が、着心地にとって「サラリとした」効果を生み出すのです。

ここ十数年ほどではないでしょうか、コーマ地で浴衣を染めはじめたのは「関西」の染工場が最初だと言われています。
見た目のツヤ感と、染め上がりのハッキリとした美しさが評判になりました。
けれど「関東」では暫く特岡が使われました、コーマの滑らかさが逆に「体にまとわりつく」と嫌われたからです。

いまでも関東関西に関わらず、職人さんは「浴衣地は結局、総合的には特岡がベスト」とおっしゃる方も多いです、毎日生地を触るからこそわかる感想なのでしょう、けれどもやはり、見た目の美しさ、ツヤ感が受け、今や江戸の老舗でもコーマ地が全盛になりました

どちらも良い点はありますから、甲乙をつけられるものではありません。

戦後からの浴衣の変遷をみても、あくまでも湯上り着だったものが、現在では夏のファッションの一部になっているのは「服の進化論」の流れからすると当然ですし、下着だったシャツが上着に、もっといえば肌着のTシャツがファッションアイテムになる「下着がどんどん上に出てくる法則」の流れに沿ったことですから、より良い見た目の「コーマ」になるのは自然の流れでありますし、今は「変わり生地」もたくさん出て、本当に浴衣の世界も花盛りになりました。

「浴衣は夜着るもの」というのが僕らの父親母親世代の認識ですが、当時は、価格も安く、仕立ても簡便でした。今はニーズに沿って、仕立ての仕方が着物に限りなく近くなっていることや、生地のチョイス、価格を見ても、もう立派な着物です、昔の浴衣とは様相が変わっています。
浴衣は、進化途中、過渡期です。色んな考え方が混在している状態でありますから、敢えて「浴衣を来て街に出よう」を提唱したいと思います。
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2018-07-15 Sun 11:38 ∧top | under∨
<<ゆかたの着方 | こころや日記 | ぼて、入りました >>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こころや日記 |