FC2ブログ

鳥羽海鼠

お店の定休日なので、ゆっくりさせて頂いています。
服屋さんや靴屋さんをそぞろ覗いたり、リサーチしたあとは、スーパー銭湯でほっこり。

今日は飲まないつもりでいたのに、市場で鳥羽産の赤ナマコの良いのを見つけ、ついつい購入。
捌いて、大根おろしと橙酢で。
珍しくフカの湯引きもあったので、辛子をたっぷり効かせた酢味噌で。

DVDを見ながら、チビチビやってます。
別窓 | 徒然 | コメント:0 | トラックバック:0
2010-01-21 Thu 22:28 ∧top | under∨

大松島屋

今日は大寒やと云うのに何とうららかな気候なんでしょう。
袖に手を引っ込めて体が固くチヂこまる、この間までの寒さが嘘のようです。
ご丁寧に、春霞まで出ていますね。家中いまぞとばかりに窓を開け放しています。

昨日は商店街青年部の会合。
『商店街観光』の企画を計画中です。
天王寺からチンチン電車のにって、住吉っさんにお詣りして、粉浜商店街の名物店を回り、試食したり、店主こだわりのお話を聞いたり。。。。。
ちょっとした面白いイベントになりそうです。
詳細が決まったら、またUPします。

今、つれづれにこんなんを読んでいます。

十三代目片岡仁左衛門


神と仰ぎ、師と仰ぐ十三代目片岡仁左衛門さんの著書です。

この方が舞台に出られたら、劇場全体が輝きました。

神々しくて震えました。

この本にはお父上に当たる十一代目片岡仁左衛門さんの事も書かれてあります。どんな藝をなさる方だっだのか、見てみたかった。

昔の道頓堀の風情も詳細に書かれています、歩いて見たかったなぁ。
道頓堀川で泳げたって。。。。。嘘みたい。
そのころの宗右衛門町は今の祇園町のようやったそうです、信じられへん。
別窓 | 徒然 | コメント:0 | トラックバック:0
2010-01-20 Wed 12:58 ∧top | under∨

お知らせ

今秋、大きな名跡『笑福亭枝鶴』を襲名なされる、笑福亭小つるさんの会のお知らせです。

繁昌亭「シカク試験の会」

僕もお伺いして楽しんでこようと思っています。
別窓 | 芸能 | コメント:0 | トラックバック:0
2010-01-19 Tue 13:29 ∧top | under∨

別誂手拭

こんなのを製作させてもらいました。

勝宣江先生別誂
長唄の杵屋勝宣江先生の御手拭です。
壽尽しの文様が縁起良く、深い紅で華やさを。


ひよこ別誂
結婚式の引出物として。
幸福を招く黄色に、私たちはまだヒヨッコですの心を込めて。


今はまだ事情があって云えませんが、有り難い事に大きな仕事を2つ頂いています。
またご報告できる時がくればアップさせて頂きますね。




別窓 | 手拭 | コメント:0 | トラックバック:0
2010-01-18 Mon 13:55 ∧top | under∨

天然テツ

妹夫婦が里帰り。

鍋でも囲もうと思い立ち、朝から商店街と市場を物色。

まずは魚屋さんで。

「ウチで4人で鍋すんねやけど、何がええやろ」

「兄ちゃん、これが値打ちやで、今日は安いし」

『三重産、天然ふぐ1.5kg。6,800円』

お店で食べたら養殖でもこんな値段ではないし、ましてや天然のフグなんてきっとゼロひとつ多いくらい、ほんまに値打ちあるわ。
天然なんて何年ぶりでやろうフフフ。

良いものが安いので午前中には売り切ってしまはる『糸乗鮮魚店』さん、気のイイ奥さんの云う事ならば間違いないし、購入。

で、わざわざ遠方からも買い求めにきはるお客さんも多い『井川豆腐店』さんで『嵯峨豆腐』

ちょっと肉っ気もいるかなぁと、さる有名な女優さんも御用達の『うしや』さんで『ローストビーフ』

生の巻湯葉に、白菜に、キノコに、玉子に、酒に酒にビールにビールに。。。。。。

梅田やら北摂にあるようなハイカラなものはありませんけれど、パスタを作ろうと思ったら、スーパーに行かないと全部は揃いませんけれども、品質はピカイチやと思います。

粉浜、ええわぁ

賑やかに話がはずめば、お鍋の味は倍ましです。
写真は撮れませんでした、気が付いた時にはフグのガラしか残っていませんでした。
別窓 | お酒 | コメント:0 | トラックバック:0
2010-01-17 Sun 11:44 ∧top | under∨

ひだまり

なんでもやってみよう!
問屋さんに前々から勧められていた、健康肌着「ひだまり」を試着。

チョモランマ

ひだまり

『ひだまり』

まぁ問屋さんが勧めはるものの中には「眼鏡」やら「羽毛布団」をはじめ「トリマリン」やら「チタニウム」果ては「ガンに効くバイオラバー」なんてものまであって、なんだかなぁ。。。。。って感じのものもありましてね「ひだまり」も似たようなもんとちゃうのん?と色眼鏡で見ていた部分もあったんですが、色々調べてみたらそうでもない事がわかったし、地味に、でもひそかに売れているみたいで、ヒートテックが1500円であれだけ温かいんやから7000円ならもっと温かいんじゃないかと。

「ひだまり・ラムキルト」のU首の半袖シャツとパッチ。
見た目は志村けんの「変なオジサン」、それと生地がフワフワ厚いので着物なら目立ちませんが服なら若干モコモコします。

かなり暖かいです、びっくりするくらい。
おとといの新年会に着ていきましたが、宴会場は暖房が効いているのでのぼせてしまいました。
店頭に立つ時はイイですね、商店街は吹きっさらしなので、着てると楽です。

説明書にはこんな事が書いてありました。
【保温を必要とされる方にお勧めします。】
●リューマチ、神経痛、腰痛、肩関節周囲炎の方に
●お年寄りや冷え性の方に、産前産後の方に
●登山、スキーなどのウインタースポーツ、釣りなどのレジャーに最適です。
●冷凍工場、水産加工場、屋外作業の方、特に保温を必要とされる方。

なるほどねぇ、そら宴会場でのぼせるはずですわ。
別窓 | 商品 | コメント:0 | トラックバック:0
2010-01-16 Sat 13:15 ∧top | under∨

新年会に

行きました。

所属する呉服組合の新年互礼会、太閣園です。

組合は月に一度の定例会の他、こうした節目に大きく集まります。
会員に共同仕入会や慰安旅行、お客様には浴衣パーティーや観劇会などを催しています。

皆さんとは三代四代に渡るお付合い。
ウチの先代や先々代を良く知ってくれてはる方もおられ、どうも頭が上がりません。

商店街や市場の呉服屋が中心で、手前味噌ですが素敵なお店が多いですよ、気の良い店主が、良いものを安く仕入れて薄利で売るという昔ながらの商いを守っておられます。

昭和のままのお店もあります。失礼かもわかりませんが。
でもそんなお店に僕らの世代から見れば新鮮な、カワイ深イイ品物があったりするんですよね。。。
まれに分けて頂いてはご縁のある方に販売するんですが、楽しいです。
ご興味があれば、そんなのはネットには中々出ませんし、商店街や市場にふらりとお越しの際は覗いてみられたら如何でしょう?
入り辛いのが呉服屋の常ですが、取って喰われりゃしませんし、フレンドリーな大阪のオッチャンオバチャンばかりなはずです、多分。

新年会の参加店、寂しいですがボチボチ減り始めていますねぇ。跡継ぎも少ないですし。。。
業界のシェアを考えると、小さいパイの食い合いで、便利なネットに押され、問屋の小売で値段に負けと、取り巻く環境は中々大変ですもんね。
時代に乗ってはる繁昌店もありますが、家族経営がほとんどですし、まぁ難しいですよねぇ。

考えるほど自信をなくす要素も多いですが、でも皆さん経験と数代の積み重ねの上に実った、小売ならではのオツユたっぷりの実というか、独自の深いノウハウを持ってはります、日常に着物の暮らしがあった時代を知っておられますし、これは強味ですよね。
やっぱり今日もそれを感じました、中身は多岐に渡りますが、何気ない事に含蓄があってへぇぇ~です。

たくさんたくさん吸収したいです。
着物は残っても、そういうのがなきゃ何だかパサパサな感じがしますし。。。

ごちそうとお酒をたっぷり頂きました、父と仲良くして下さっていたオジサン方にも新年のご挨拶が出来ましたし、あぁ良かった。

あ、新年会は、呉服屋の旦那さんに問屋の偉いさん、お役所、上部組合、友好団体の集まりなので、男だらけです。
で、皆さん着物姿です。
これが、何とも云えず壮観なんですよ、あんまり見れない光景だと思います。
でもどうも若造が写メを撮れる雰囲気じゃないので、写真はナシ。頭の中で想像して下さいね。
別窓 | 徒然 | コメント:0 | トラックバック:0
2010-01-15 Fri 11:37 ∧top | under∨

文楽座に

初浄瑠璃を聞きに行きました。

「伽羅先代萩」
「お夏清十郎寿連理の松」
「日高川入合花王」

です。

「伽羅先代萩」の切は住大夫さん。
どこを取っても絶品の究極の至藝を堪能致しました、素晴らしかったなあ。

「連理の松」は勘十郎さん、玉女さん。
お二方が操ると人形がキラキラするのが不思議です。
浄瑠璃そっちのけで、本舞台に魅入ってしまいました。

最後は「日高川」
ガブの人形が怖いんです、僕。
ガブのかしら

見た目は派手な所作事なんですが、どうも悲しくなって怖くなります。
ベースが安珍清姫だからでしょうか。

お正月らしく、ロビーにはにらみ鯛。
大間のにらみ鯛

床の上にはしめ飾り。
床の注連飾

舞台の額縁にもにらみ鯛
舞台のにらみ鯛

にらみ鯛拡大

もう松ノ内も終わりですが、お正月気分が横溢して華やかでした。

目の福、耳の福。

絵看板はいつみてもウキウキします。
芝居の前に期待を膨らませ、終演後には余韻に浸り。
一粒で二度オイシイ。
芝居絵


お芝居がはねたあとは、燗酒で一杯。
丑寅のアテ


昨日のアテは、
モヤシと浅利の辛子醤油、鶏煮凍り、揚豆腐、鱈小鍋立、
焼蠣、生姜天麩羅、白子天麩羅、粕汁。

寒い時には温かいものが美味しいですね。
千日前の立呑屋「丑寅」にて。

ちなみに昨日は成人式の時に誂えてもらった銀ネズのお召の着物に袖を通しました。
身長は変わらないのに、丈が短くなって、着心地と裾捌きに違和感。
胴回りが太くなってる証拠です。

別窓 | 芸能 | コメント:0 | トラックバック:0
2010-01-14 Thu 12:20 ∧top | under∨

書き初め

お寒うございます。

昨日は成人の日で成人式の着付けをさせて頂きました。
振袖姿はやはりとても華やかですね。
袖の袂が長いという不思議なフォルムがどうしてあんなに綺麗なんでしょうか?

成人式、もうだいぶ前ですが、
僕は刺繍の一つ紋を入れた銀ネズ色のお召のアンサンブルに鉄紺のお召袴、
共色のエナメル草履を誂えてもらいました。
ちょっと派手で、最近はほとんど袖を通していないんですが、
いづれ染め替えでもしてまた着ます。

この新日記に移行して、ついでに今までのブログのチェックもしました。
ブログを書き初めたのは2004年の3月18日。
もう6年も経つのですねぇ、早いものです。
思えば結構長い間書いてます。
毎日更新してた訳ではないのでせいぜい6年間2100日のうち400本くらいでしょうけれど。
読み返してみると、まるで昔のアルバムを覗いているようで、
懐かしいようなこそばゆいような気分になります。

あの頃は東京から帰ってきてまだ4年足らず。
ANAのマイレージが満杯になるくらい、東京と大阪を行ったり来たりしてましたっけ。

以下がその初雑記。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2004/03/18

広告に「COCOROYA.com」と載せだしたのが去年のユカタの頃でした。
自分にプレッシャーの気持ちでドメインを先に取って発表したものの、
こんなに遅くなってしまいました。

かなりな数のお客様が覗いてくれたはったみたいです、どうもスミマセン。
マニュアル本を片手の作業でミリミリ手作りしてみましたが、
やっぱり難しいですねぇ、初心者がゼロからの立ち上げで、
ほとんどのトコロでワケがわからんくなって、
解決に思った以上の時間がかかり、気付いたら朝刊入ってる事もしばしば。

でもデキたときの気分がスカッとイイ感じなので癖になりそうです。

まだまだなサイトです、ご意見ご要望などドシドシ送って頂ければ嬉しいです、
本当にこれからもどうぞ宜しくお願い致します。

経歴:美大で遊んで、東京でカフェを中心にしたSHOPデザイナーとかやってました。
四年前に、父が亡くなったので帰ってきて店を継ぎました。

趣味:東京なら明治通り、大阪なら堀江あたりの服屋めぐり、
食べ歩き(蕎麦、寿司、酒場、和食が好きです)、
歌舞伎や文楽見る事、長唄(今は「松の緑」上がりました)

出没場所:Tipness、白雪温酒場、なにわ翁、凡愚、まつや、ロンディーノ、文楽座、歌舞伎座。

夢:一度でイイから舞妓さんと祇園町で旦那さん遊びをしてみたい。

コメント;和の世界が何よりも好きで生き甲斐です、
デザイナー経験を売りに、ひと味違う店づくりをしたいです。

100112-1.jpg

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

写真のiMacが可愛いです。

当時はまだてぬぐいは初めていません。
このころはアロハをやりたかったんです。
京のアロハの名店「たまねぎ工房」さんにお話を伺いに行ったりしていましたっけ。
結局アロハは試したものの、形になりませんでした。
でもその時の貴重な体験がてぬぐいに繋がる根っこの一つになっています。

長唄を初めたのが2003年の6月6日、上のブログを書いた時はまだ1年足らず、
「松の緑」を一生懸命お稽古していました。

落語はまだ観ていません。
歌舞伎、文楽専門でした。

「東京なら明治通り、大阪なら堀江あたりの服屋めぐり」
こんなこと、最近はほとんどしていませんねぇ、たまには回らないと。

酒は相変わらず呑んでいますが、「ロンディーノ」には行けてません。
湘南は稲村ケ崎のイタリア料理屋さんです。
旨いんですよ、ここが。
目の前にビーチがあって、気候の良い時のテラスでの食事は格別でした。

お茶屋遊びは、宮川町でおよばれで一回。
祇園町への道のりは未だ遠しですね。

「ひと味違う店作り」。。。。。。。

6年も経つのにまだまだです、これはもっともっと頑張らないと!
昨日、成人式で振袖や紋付や袴を着てくださった皆さんに、
引き続き着物に興味を持って頂けるような楽しいモノ。
着物好きな皆さんに喜んでもらう素敵なモノ。
最近、『この業界、僕も含めてちょっと世間とズレてるんじゃないか』と思う中で、
そのナニかを少しでも見つけて、カタチにして少しでも笑ってもらわなきゃと。
ブログを読み返しつつ思いました。
別窓 | 着物 | コメント:0 | トラックバック:0
2010-01-12 Tue 20:23 ∧top | under∨

住吉市戎

こんな感じの新しいブログになりました。
しかしブログも進化してますねぇ。。。
色々いじっていたら楽しくなってきてパソコンの前に座りっぱなしです。

でもわからないこともたくさん。
怖い目に逢いはしないかとちょっとビクビク、いろいろ教えて下さいね!

さて、昨日は戎っさんにお詣りしました。
意外と知られていませんが、わが地元、住吉っさんにも住吉市戎という「えべっさん」があります。
大阪最古のえべっさんだそうです。
十日の本戎にお詣りにいき、お祓いをしてもらいました
福くじで景品を頂いたり、たくさんの福餅も頂きました
もちろん笹に吉兆もつけました。
こんな言い方はなんですが、今宮のえべっさんとくらべて、住吉さんの吉兆はリーズナブル、欲しい物を『大人買い』して笹に吉兆がザックザク、まるでクリスマスツリーや、七夕飾りのようになっても代金は今宮さんの三分の一にも満たないんです。住吉っさんの「住吉市戎」さん、オススメですよ。

でもミナミに所用があったので今宮のえべっさんもお詣りしました。
やっぱり人出や熱気はすごいですねぇ。
御本殿の賽銭場にお賽銭が降っていました。
まさに小判の雨でした。
見ているだけで笑みがこぼれてしまいましたよ。
お札がヒラヒラ、小判がザラザラ。
写メを撮りたい誘惑に駆られましたが、ご神前なので我慢しました。
しかし凄かった。
あれがウチなら瞬く間に億万長者ですね。
一瞬ですが夢心地。
別窓 | 徒然 | コメント:0 | トラックバック:0
2010-01-11 Mon 21:22 ∧top | under∨
BACK | こころや日記 | NEXT